このページでは、お便利サーバー.com管理人宅の地デジテレビREGZA Z2000について初心者/ビギナー向けの参考例として解説しています。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
SambaとREGZA Z2000

地デジTV「REGZA Z2000」

LANをREGZA用に改良する

録画用ハードディスクの追加

番組録画用共有ポイント作成

番組の録画データを解析する

録画からの期間で自動消去

使用ディスク容量で自動消去

ビデオ&写真の共有ポイント

REGZAチューナーD-TR1追加


わが家に地デジがやってきた!

2007年9月、お便利サーバー.com宅にもめでたく地デジ対応テレビがやってきました。その名も、

TOSHIBA REGZA 42V型地上・BS・110度CSデジタル
フルハイビジョン液晶テレビ 42Z2000

です。

お便利サーバー.com宅のREGZA 42Z2000
お便利サーバー.com宅のREGZA 42Z2000

ところでこういうハイテク型の家電はどうしてこんなに名前が長いのでしょうか。きっと東芝の営業さんだって覚えられないでしょう。

もともとお便利サーバー.com宅はテレビのアナログ電波の入りが悪く、娘からは常々「キュアレモネードの顔がギザギザだぁ!」なんて苦情が寄せられていまして、誰がなんと言おうと気にしない性格のお便利サーバー.com管理人も愛娘のふくれっつらには勝てません。で、中継基地局のデジタル波配信開始に合わせてめでたく購入となりました。

んで、液晶やらプラズマやら山ほども種類のある地デジハイビジョンテレビの中からなぜこの Z2000 を選んだかというと、値段がそこそこ安くて、電気屋で実際に見てみると意外に画質が良くて、消費電力も比較的少なくて...なんて細々した理由もありましたが、選定の一番の理由はこれが ネットワーク対応テレビ だからです。

お便利サーバー.com管理人に「ネットワーク」の文字をチラつかせたらもー一撃ですね。東芝サン!。

もちろん LAN に接続すればインターネットを見れる、というありきたりの機能が欲しかったわけではありません。そんなもんどーでもいーことです。

お便利サーバー.com管理人は、このテレビに備わる NAS を録画用のデータディスクとして使える。」 という面白い機能に着目したわけですね。

普通地デジの番組を録画するにはデジタルハイビジョンレコーダーというヤツが必要なのですが、これが結構お高く500 GB ハードディスク を搭載したクラスで(DVDレコーダーつきで)8〜10万円くらいはします。

これがNASで代用できるとなれば出費は一気に3万円程度になります。

が、考えてみればNASの実体は LinuxOS + Samba ですから、それなりに設定すれば "web0.obenri.com" をそのまま録画用のデータサーバーとして利用できるはずです。

で、インターネットで調べてみると既に自宅サーバーをZ2000の録画用データサーバーとして使っている方が結構いらっしゃいました。

ということは、NASを買うのではなくハードディスクを買ってきて サーバー機 に追加してやればいいので、出費は一気に一万円台に下がることになるわけです。

まあ最近ホームページへのアクセスが増えたとはいえ、自宅サーバー "web0.obenri.com" は結構ヒマしてますし、サーバー機も高性能なものになって サーバー専用機で自宅サーバー 、「退屈だー、なんか仕事させろー。」とぶーたれているところでもありましたからもっけの幸いというわけです。

お便利サーバー.com宅のメインサーバーは 公開サーバー 兼任で年中止まることがありませんから、録画した番組を見るたびにビデオレコーダーの電源を入れるという行為も必要ないわけですね。

自宅サーバーにバンザイです!。

というわけで当初計画よりもずっと安く済みそうになりましたので、ターゲットを32インチから一気に42インチに変更することができました。

「芸は身を助ける。」ですね。自宅サーバーに感謝です!。

このセクションでは、REGZA Z2000のネットワーク録画機能とSambaの機能を生かした、お便利サーバー.com管理人流の活用術を公開したいと思います。

USB-HDDに録画可!
「見て消し」派にオススメの
REGZAチューナーです

ちなみに実際の購入は次モデルのZ3500の発表に合わせて「処分価格」にて行いましたから、Z2000は既に旧機種です。

ただし基本的な動作はZ2000もZ3500も変わらない(だろう)と思いますので、REGZA Z3500と自宅サーバーをお持ちの方にも参考になるかもしれません。

もちろんお便利サーバー.com管理人はこのセクションの記述に関しては動作保証もなにもしません。参考にされる方は自己責任でよろしくお願いします。


関連セクションへ 関連セクション・ Sambaサーバーの構築

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。