このページでは自宅サーバーRAID構成解除する安全な方法について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
OSにRAIDデバイスを追加

RAIDを新たに作成する

ハードディスクの追加

RAID構築モデルについて

ハードディスクの領域確保

mdadmによるRAIDの作成

RAIDデバイスのマウント

ハードディスクが壊れたら

mdadmによるRAIDの修復

mdadmによるディスクの交換

mdadmによるRAIDの解除


取り外したハードディスクをどうするかで処理が決まります

ファイルサーバー の役割はファイルを保管することですから、古いファイルを積極的に削除しない限り必ず使用容量は増えていきます。

従って、構築当初は充分な容量があると思っていたRAIDデバイスも、いずれは空き容量が不足することになるでしょう。

こういう場合は既存の RAIDを解除 して、新しいハードディスクと入れ替えてRAIDを作り直すことになります。

また、RAIDデバイスは一度構成してしまうと基本的には形式を変更することができませんから、例えばRAID1からRAID5に変更したい、あるいはRAID5の構成ディスクを増やしたい、と思ったときも同様にいったん RAIDを解除 して構築しなおすことになるでしょう。

WBEL CentOS でファイルシステムとして参加しているハードディスクを取り外す手順は、 RAID構成ではない場合は 次のようになります。

1.ファイルシステムに マウント している パーティション をアンマウントする。

2. "/etc/fstab" からマウント情報を削除する。

3.ホスト機の電源を切ってハードディスクを取り外し、起動しなおす。

となります。

RAID構成になっているハードディスクを取り外す場合で、 「取り外したハードディスクはもう使わない。」 、と断言できるのであれば、これと同じ手順でもかまいません。

しかしこのハードディスクを再利用したい場合は、ハードディスクを取り外す前にRAIDとパーティションに関する情報を削除しておくことをお勧めします。

というわけでこのパートでは、RAIDを構成しているハードディスクグループをまるごと きれいに 取り外す方法について説明します。

関連セクションへ 関連セクション・ OSをRAID構成でインストール

このページの先頭へ↑

RAID構成のハードディスクセットを取り外すには

ここでは例として、テストケースの RAID 構成の ハードディスク をすべて取り外してみます。

まず必要に応じてRAID上のデータのバックアップをとります、

どちらにせよ サーバー機 を直接触ることになりますから、強いてリモート操作する必要はなく、実機を直接操作しても構いません。

そして サブネット 内の適当な クライアント機 から SSHクライアント 構築中のLinuxサーバー ログイン します SSHクライアントでサーバーに接続する(WBEL3) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS3) SSHクライアントでサーバーに接続する(WBEL4) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS4) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS5)

それから su コマンド ユーザーアカウント "root" に変更します。

[tanaka@web1 ~]$ su -Enter
Password: "root"のパスワードを入力します。 Enter
[root@web1 ~]#

まず、実際にRAIDデバイスの操作を行う前に、 umount コマンドで "/dev/md0" "/dev/md1" をファイルシステムからアンマウントします。

[root@web1 ~]# umount /dev/md0Enter
[root@web1 ~]# umount /dev/md1Enter
[root@web1 ~]#

次に nanoエディタ "/etc/fstab" を開き、存在しなくなったRAIDデバイスが ホスト機 の起動時にマウントされないように、 "/etc/fstab" にマウント情報を編集します。 赤字 ように該当するファイルシステムの記述を無効化してください。(黒字の部分はお使いの環境によって異なります)。

LinuxのRAIDの解説書
オススメです

もちろん無効化ではなく行ごと削除してしまっても構いませんが、以後の操作を間違えてもう一度 マウント しなければならなくなったときのためにここではひとまず設定内容だけは残しておくようにします。

[root@web1 ~]# nano /etc/fstabEnter


# This file is edited by fstab-sync - see 'man fstab-sync' for details
LABEL=/         /            ext3  defaults    1 1
LABEL=/boot       /boot          ext3  defaults    1 2
none          /dev/pts        devpts gid=5,mode=620 0 0
none          /dev/shm        tmpfs  defaults    0 0
none          /proc          proc  defaults    0 0
none          /sys          sysfs  defaults    0 0
LABEL=SWAP-hda2     swap          swap  defaults    0 0
#/dev/md0        /data_raid1       ext3  defaults    1 3
#/dev/md1        /data_raid5       ext3  defaults    1 4

ファイルを保存したら nanoエディタでファイルを閉じる "mdadm" コマンド Miscモード 、つまり「その他の設定モード」で、

mdadm --misc --stop [RAIDデバイス名] Enter

と実行してRAIDデバイスを停止します。

コマンドを実行したら "/proc/mdstat" を表示させてみます。

[root@web1 ~]# mdadm --misc --stop /dev/md0Enter
[root@web1 ~]# mdadm --misc --stop /dev/md1Enter
[root@web1 ~]# cat /proc/mdstatEnter
Personalities : [raid1] [raid5]
unused devices: <none>
[root@web1 ~]#
実はこの段階ではまだRAIDが停止しただけですので、RAID上のデータを維持したまま復旧することが可能です。
復旧の方法についてはこのパートの後半の おまけ をご覧ください。

RAIDが解除されるとこのように "/proc/mdstat" 上のステータスが消えます。

次にハードディスク上の スーパーブロック を消去します スーパーブロックについて

スーパーブロックを消去するには "mdadm" コマンドの Miscモード で、

mdadm --misc --zero-superblock [パーティション名] Enter

と実行します。

[root@web1 ~]# mdadm --misc --zero-superblock /dev/hdb1 /dev/hdb2 /dev
/hdc1 /dev/hdc2 /dev/hdd1 /dev/hdd2
Enter
[root@web1 ~]#

そして最後に fdisk コマンドでそれぞれのハードディスクのパーティションを削除してコマンド操作は終了です fdiskでパーティションを削除する

poweroff コマンドで ホスト機 の電源を切り、ハードディスクを取り外して電源をいれれば作業終了です。

関連セクションへ 関連セクション・ OSをRAID構成でインストール

このページの先頭へ↑

おまけ・解除したRAIDを復旧するには

"mdadm --misc --stop [RAIDデバイス名]" で停止したRAIDデバイスは、そのRAIDデバイスを構成する ハードディスク パーティション に改変を加えなければ、RAIDの構築時に RAID構築情報の保存について で作成した "/root/mdadm.conf" の情報を利用して、データを維持したままRAIDを復活させることができます。

方法は簡単で、 "mdadm" Assembleモード で、

mdadm --assemble --scan [復旧したいRAIDデバイス名] Enter

と実行します。

"--scan" はデフォルトの設定ファイル "/etc/mdadm.conf" を参照して実行する、という意味のオプションです。

[root@web1 ~]# mdadm --assemble --scan /dev/md0Enter
mdadm: /dev/md0 has been started with 2 drives and 1 spare.
[root@web1 ~]# mdadm --assemble --scan /dev/md1Enter
mdadm: /dev/md1 has been started with 3 drives.
[root@web1 ~]# cat /proc/mdstatEnter
Personalities : [raid1] [raid5]
md0 : active raid1 hdb1[0] hdc1[2] hdd1[1]
   58604992 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid5 hdb2[0] hdd2[2] hdc2[1]
   194450560 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [3/3] [UUU]

unused devices: <none>
[root@web1 ~]#

これでRAIDは復旧されました。

関連セクションへ 関連セクション・ OSをRAID構成でインストール

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。