このページではLinux構築した自宅サーバーで使用するMTAであるPostfixについて必要なファイル構成を初心者向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
Postfixの設定

Postfixについて

Postfixのファイル構成

設定ファイルmain.cfについて

ホスト名とドメイン名の設定

受信するホスト名の設定

ホスト名毎のメールの振分け

メール転送設定の使い分け

受信/転送に関する設定

セキュリティ関連の設定

"main.cf"の書式チェック

Postfixのコントロール

連携するアプリケーション


Postfixの構築に必要なファイル

この コンテンツ に従って普通に WBEL CentOS インストール すると、 Postfix とその設定に必要なファイル類は既に 構築中のLinuxサーバー にインストールされているはずです。

以下に、WBELやCentOSにインストールされているPostfixで、操作や設定が必要なファイルを示します。

それ以外の ディストリビューション をお使いの場合や、標準添付以外のパッケージをインストールした場合には、ファイル名やディレクトリの パス が以下とは異なる場合がありますので注意してください。

Postfixの必要ファイル一覧
Postfixの必要ファイル一覧

Postfixの本体プログラムは"/usr/sbin/postfix"ですが、これを直接呼び出すことはまずありません。

実際にはこの"/usr/sbin/postfix"を用いて、起動や終了を容易にコントロールできるように記述された スクリプト である "/etc/rc.d/init.d/postfix" を用います。

また"/etc/rc.d/init.d/"の シンボリックリンク が"/etc/init.d/"になっていますので、スクリプトは "/etc/init.d/postfix" でも呼び出すことができます。

例えば、

"/etc/init.d/postfix start" →Postfixの起動

"/etc/init.d/postfix stop" →Postfixの停止

という使い方になります。

"/etc/rc.d/init.d/" には パス が通っていません パスが通っていないディレクトリにあるファイルの実行 から、パスを省略して実行することはできませんので注意してください。

Postfixは、動作のほぼ全てについて "/etc/postfix/main.cf" という設定ファイルに記述します。

ただ通信制御に関する設定については、 "/etc/postfix/master.cf" という設定ファイルに記述するようになっています。

またPostfixは Sendmail との互換性を維持するため、Sendmailで利用するメールの再転送設定ファイル "/etc/aliases" を利用するように設計されています メールの転送設定について

Postfixの動作は基本的にはこの二つの設定ファイルで制御することができますが、複数の ドメイン名 サブドメイン を利用する場合には、更にいくつかの設定ファイルの修正や作成を行うことがあります。

Sendmailの場合は、主設定ファイルのテンプレート "/etc/mail/sendmail.mc" の編集後に "m4" コマンド を使ってSendmailが読み込める形式の "/etc/mail/sendmail.cf" に変換する必要がありますが /etc/mail/sedmail.cfの作成 、Postfixの場合は テキスト ファイルのまま"/etc/postfix/main.cf"及び"/etc/postfix/master.cf"を利用しますので、編集後に保存してPostfixの再起動、または設定の再読み込みを行えばOKです。

Postfixの主設定ファイルである"/etc/postfix/main.cf"は、比較的新しい サーバー アプリケーション の設定ファイルと同じく、

[ ディレクティブ ] = [パラメータ] [パラメータ] ...

という記述方法をとります。

しかし、ひとつのディレクティブに対して多くのパラメータを記述しなければならないときは、"/etc/postfix/main.cf"とは別にテキスト形式の外部設定ファイル利用したり、 バイナリ 型の データベース (ルックアップテーブル)に書き出したりして利用することもでき、大規模な メールサーバー の運用にも対応しています。

Postfixの構築に
役に立った一冊です

もちろん、個人で利用する程度のメールサーバーならば、データベース化しなければならないほど多くのパラメータを記述するディレクティブはまずないでしょう。

関連セクションへ 関連セクション・ メールサーバーの構築

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System