このページでは自宅サーバーで使用するMTAPostfixの主設定ファイルmain.cfの記述について初心者ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
Postfixの設定

Postfixについて

Postfixのファイル構成

設定ファイルmain.cfについて

ホスト名とドメイン名の設定

受信するホスト名の設定

ホスト名毎のメールの振分け

メール転送設定の使い分け

受信/転送に関する設定

セキュリティ関連の設定

"main.cf"の書式チェック

Postfixのコントロール

連携するアプリケーション


"/etc/postfix/main.cf"の編集

Postfix は、その設定の大部分を "/etc/postfix/main.cf" に記述して行うようになっています。

まず、 サブネット 内の適当な クライアント機 から SSHクライアント 構築中のLinuxサーバー ログイン します SSHクライアントでサーバーに接続する(WBEL3) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS3) SSHクライアントでサーバーに接続する(WBEL4) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS4) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS5)

それから su コマンドで アカウント "root" に変更し、 cp コマンドでバックアップを作成した後、 nano エディタで "/etc/postfix/main.cf" を開きます nanoエディタでファイルを開く

[tanaka@web1 ~]$ su -Enter
Password: "root"のパスワードを入力します。 Enter
[root@web1 ~]# cp /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.orgEnter
[root@web1 ~]# nano /etc/postfix/main.cfEnter


nanoで/etc/postfix/main.cfを開く
nanoで"/etc/postfix/main.cf"を開く

"/etc/postfix/main.cf" は、Postfixが動作中でも自由に書き換えることができます。

ただし、 WBEL CentOS サーバー アプリケーション は通常、設定ファイルを保存しただけでは設定は反映されません。もちろんPostfixもその例外ではありません。

サーバーアプリケーションの設定ファイルは、通常サーバーアプリケーションの起動時に参照されて読み込まれますから、設定ファイルの保存後にサーバーアプリケーションの再起動を行うか、設定ファイルの再読み込みのコマンドを実行しなければ、設定ファイルの修正は有効になりませんので注意してください。

Postfixの再起動、設定ファイルの再読み込みについては、 Postfixのコントロールについて で説明します。

"/etc/postfix/main.cf"は デフォルト でも600行を超える大きな テキスト ファイルですが、大部分は説明のためのコメント行ですので、実際に設定すべき部分はあまり多くはありません。

以下、 "/etc/postfix/main.cf" に記述されているキーワードの設定を説明するときは、その行番号で"/etc/postfix/main.cf"の中の位置を示します。

Postfixの構築に
役に立った一冊です

従って、 nanoエディタ で編集を行うときは、 nanoエディタ〜検索機能について で目的の行にジャンプしたり、編集対象のキーワードで検索を行ったりすると便利です。

もちろん、設定ファイルの修正を行うと行番号は少しずつずれてきますので、行番号でキーワードを探すときは「ほぼ何行目」というイメージで解釈してください。

編集が終わったら、ファイルを保存してnanoエディタを終了してください nanoエディタを終了する

関連セクションへ 関連セクション・ メールサーバーの構築

このページの先頭へ↑

"/etc/postfix/main.cf"の書式と設定

"/etc/postfix/main.cf" では、 先頭が "#" で始まる行はコメント行として設定は無視されます。

書式は、

[ ディレクティブ ] = [パラメータ1] [パラメータ2]

です。

ディレクティブとパラメータを結ぶ "=" は、その両側をスペースで空ける必要があります。

一つのディレクティブに対して複数のパラメータを設定するときは、 ",(カンマ)" スペース 、または タブ を間に入れます。これらのパラメータ区切り記号は連続して複数を使うことができますから、複数のパラメータが設定されていることをわかりやすくするために、

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain

のように、 カンマ+スペース で区切るようにするとよいでしょう。

また、パラメータとパラメータの間には改行が入っても構いませんから、パラメータが多すぎて一行に収まりきらないときは、

mydestination = $myhostname,
        localhost.$mydomain,
        $mydomain,
        mail.$mydomain,
        www.$mydomain,
        ftp.$mydomain

のように工夫して記述すると設定が見やすくなります。

また"/etc/postfix/main.cf"では、いくつかのディレクティブについては先頭に "$" を付けると、そのディレクティブのパラメータを示す 変数 として扱うことができます。

例えば、

mydomain = obenri.com
   .
   .
   .
myorigin = $mydomain

と記述した場合、 "myorigin" ディレクティブには "obenri.com" というパラメータが入ることになります。

"/etc/postfix/main.cf"では、ディレクティブに ドメイン名 FQDN など、同じようなパラメータを設定することが多いのですが、この 「$変数」 を上手に使うことで、設定の変更忘れや修正ミスを防止することができます。

次のパートからは、この"/etc/postfix/main.cf"の中で、内容を確認、編集すべきディレクティブを具体的に説明していきます。

関連セクションへ 関連セクション・ メールサーバーの構築

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System