このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを扱ううえで役に立つ基本操作基礎知識テクニックについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
LinuxOSの使いこなし術

LinuxOSを使いこなす

クライアントOSとの違い

絶対パスと相対パス

"パスが通っている"とは?

"/"と"."と".."の意味

"."(ドット)ファイルについて

ワイルドカードと正規表現

コマンドの強制終了

コマンド操作の補完機能

コマンド操作の履歴機能

リダイレクトとパイプ

属性とパーミッション〜その1

属性とパーミッション〜その2

アカウント情報ファイルの操作

ランレベルについて

システムが起動しないときは

ハードディスクの増設

アプリケーションの導入法


桁違いの安定性の「理由」を認識しましょう

WBEL CentOS サーバー として運用するときに忘れないで欲しいのは、その上で動作する個々のアプリケーションは、パソコンで日頃使っている クライアント アプリケーションとは比較にならないほど安定性が高く、きちんと設定されていれば 「プログラム自身の不具合でのトラブルは皆無」 と考えて構わないということです。

パソコンに使い慣れていると、日頃から様々なトラブルに遭遇しているはずです。

そのため、例えば 「なんとなく調子が悪いときは再起動してみる」 あるいは 「キーボードやマウスが動かなくなったらリセットボタンを押す」 のように、 せっかちに対処してしまう習慣 が身についているものです。

WBELやCentOSに限らず、 UNIX 系の OS をサーバーとして扱う場合には、そういう習慣は忘れてください。

UNIX系のOSの場合、キーボードを叩いても反応がなくなり、 「なんとなく止まってしまっているように見える」 場合でも、実はきちんと動作しているものです。

こういう場合は、「何かしなきゃ!」という気持ちをグッと抑えて、

「そのまま放ったらかしにしてしばらく様子を見てみる。」

といった気持ちのゆとりを持つように心がけてください。

WBELやCentOSで構築したサーバーは、 ハードウェア さえ問題なければ定期的な再起動などは必要ありません。

WBELやCentOS自身、そしてその上で動作しているサーバー アプリケーション は、

「原因不明で止まったりは決してしない。」

ことをまず理解してください。

ただ誤解のないように説明すると、それは決して WindowsOS MacOS の出来が悪くてWBELやCentOSが優秀であるとことを意味するわけではありません。

クライアント向けのWindowsOSやMacOSは、そもそも非常に複雑で高度な処理を必要とする GUI 操作が基本であるばかりでなく、そのOS上で、安定性より利便性を優先して作られている複雑なクライアントアプリケーションを扱います。

そういうハードな扱いを受けるクライアント向けOSの安定性と、サーバーとして CUI で単純動作しか行わせていない LinuxOS の安定性を同列に比較し、 「LinuxOSはWindowsOSよりも安定性が高い。」 と考えるのは間違っています。

サーバーとしては安定なWBELやCentOSも、 X-Windowシステム を起動してアプリケーションを使うとそれなりの頻度でエラーは起こります。

逆に Windows7 WindowsVista WindowsXP Windows2000 MacOSX などの、 マルチタスク 設計のOSであれば、不安定なクライアントアプリケーションさえ扱わない限り、UNIX系OSに対して決して引けをとらない安定なサーバーとして運用できます。

つまり、WBELやCentOSで構築したサーバーが非常に安定性が高いのは、 LinuxOS 自身の安定性だけではなく、「不安定になる要素の少ない運用方法」をとっていることにも大きな要因があることを理解してください。

つまり、常時稼動を担うWBELやCentOSサーバー上で、実験的な傾向の強いアプリケーションを多用すれば、その安定性の恩恵は受けられなくなりますので注意が必要です。

もしもWBELやCentOSをクライアント用途で扱ってみたいときは、実際にサーバーとして動作しているシステム上で行うのはお勧めできません。

こういうことをやりたい場合は、稼動しているサーバーとは別の ホスト機 にLinuxOSをインストールし、その上で行うのが正しい運用方法といえるでしょう。

このページの先頭へ↑

「とりあえず再起動する」習慣を改めましょう

WBEL CentOS などの LinuxOS だけではなく、 BSD を含む UNIX 系の OS は、 WindowsOS MacOS などを扱う場合と違って、アプリケーションを追加インストールしたり、 アップデート したりした後には、再起動をする必要は基本的にありません。

UNIX系OSでどうしても再起動が必要になるのは、 ハードウェア に関係したプログラムの変更、つまり カーネル デバイスドライバ などの修正やアップデートを行った場合に限られるといってよいでしょう。

WindowsOS ばかりずっと扱っていると、プログラムのアップデートの後は 「とりあえず再起動する」 という習慣が身についています。

WindowsOSで再起動が頻繁に必要になるのは、WindowsOSのカーネルが、ハードウェアに関係したプログラムだけではなく、その他の主要なプログラムと強い結びつきで動作しているためですから、この部分が分離して動作するUNIX系OSでは「とりあえず再起動」は意味を持ちません。

OSを再起動すると、1分〜3分程度はサービスが停止してしまいますから、途切れなくサービスを提供することが 公開サーバー の理想だとすれば余計な再起動操作はできるだけ行わないに越したことはありません。

つまりこのLinuxOSの「余程の事情がない限りOSの再起動が必要にならない。」という点も、LinuxOSがサーバー向きといわれるゆえんのひとつであることは間違いありません。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System