このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを扱ううえで役に立つ基本操作基礎知識テクニックについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
LinuxOSの使いこなし術

LinuxOSを使いこなす

クライアントOSとの違い

絶対パスと相対パス

"パスが通っている"とは?

"/"と"."と".."の意味

"."(ドット)ファイルについて

ワイルドカードと正規表現

コマンドの強制終了

コマンド操作の補完機能

コマンド操作の履歴機能

リダイレクトとパイプ

属性とパーミッション〜その1

属性とパーミッション〜その2

アカウント情報ファイルの操作

ランレベルについて

システムが起動しないときは

ハードディスクの増設

アプリケーションの導入法


"."で始まるファイルは「隠しファイル」

WindowsOS などのファイルシステムには 隠し属性 というものがあります。

隠し属性が付けられたファイルは、一般的な表示では見ることができず、通常のファイルのコピー操作では対象外になります。従って、例えばファイルシステムに係わる重要な設定ファイルなどにはこの隠し属性が設定されています。

もちろん、 LinuxOS にもそのような「触ると危険な超重要ファイル」は存在しますが、ファイルシステム自身には隠し属性という考え方がありません。その代わりに、

「ファイル名が"."で始まるファイルやディレクトリは隠しファイルとして取り扱う。」

というルールになっています。こういうファイルは通称 ドットファイル と呼ばれています。

つまりLinuxOSでは、WindowsOSのように「ファイルに対して隠し属性を設定する。」のではなく、「ファイル名を"."で開始する。」ことで同様の設定を行うことになります。

例えば、 bash の設定ファイルである ".bashrc" bashrcの説明 などがこれにあたります。

もしもこの".bashrc"という名前を"bashrc"に変更してしまうと、通常のファイルと同じように表示されることになります(もちろん、bashの設定ファイルとしては機能しなくなりますが)。

例えばドットファイルは、明示的に"."を指定しなければ、"-a"オプションなしの ls コマンド では表示の対象にはなりませんし、 ワイルドカード を使用した cp コマンド操作でも、明示的に「先頭が"."で始まること」を指定しなければコピーすることはできません。

ただし、 cp コマンドや mv コマンドなどでコピーや移動を行うとき、 コピー元に隠しファイルを含むディレクトリを指定した場合 は、そのディレクトリ内のドットファイルも一緒にコピーまたは移動されます。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System