このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを扱ううえで役に立つ基本操作基礎知識テクニックについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
LinuxOSの使いこなし術

LinuxOSを使いこなす

クライアントOSとの違い

絶対パスと相対パス

"パスが通っている"とは?

"/"と"."と".."の意味

"."(ドット)ファイルについて

ワイルドカードと正規表現

コマンドの強制終了

コマンド操作の補完機能

コマンド操作の履歴機能

リダイレクトとパイプ

属性とパーミッション〜その1

属性とパーミッション〜その2

アカウント情報ファイルの操作

ランレベルについて

システムが起動しないときは

ハードディスクの増設

アプリケーションの導入法


コマンドの強制終了

WBEL CentOS CUI での コマンド 操作は、一瞬で終わるケースがほとんどです。

もちろん、複雑なコマンドを実行したり、処理量の多いプログラムを動作させたりすると、それなりに時間がかかることはあります。

また、WBELやCentOSは動作安定性が極めて高いため、CUIで使用する限りにおいては、 「固まる」 あるいは 「落ちる」 といった、 クライアント 向け OS の定番用語が使われるような事態はまず起こりません。

もちろん、だからといってWBELやCentOSが100%の信頼のあるシステムというわけではありませんから、予期しないエラーで停止してしまうこともあるでしょう。

そういった事態に陥って、どうしても処理を中断しなければならない場面に遭遇したときのために、例えば WindowsOS には タスクマネージャ ( Ctrl + ALT + Delate )が、 MacintoshOS には、 強制終了 メニュー( Command + Option + esc が準備されていて、誰でも少なからずお世話になっていることと思います。

WBELやCentOSの標準コマンド シェル bash にも、同様の強制終了の手段があります。それは、

Ctrl + c

です。

例えば、とても容量の大きな テキスト ファイルを cat コマンドでうっかり表示させてしまうと、いつまでも画面上を文字がスクロールし続けてしまいますから、どこかでコマンドを中断しないとなかなか次の作業に移れません。こういうときに Ctrl + c とタイプすると、 「中断しても問題のないタイミングで」 catコマンドを終了してくれるわけです。

その他にも top ping コマンドのように、強制終了を出さない限り永遠に動作をやめないコマンドなどを実行した場合は、必ず Ctrl + c で終了させてやる必要があります。

また、コマンドの多くは、その実行中に何のメッセージも出さないように デフォルト で設定されていますから、それが正常に動いているのか、エラーで止まってしまっているのか、判断できないこともあります。

bashは、次のコマンド入力を促す プロンプト が表示されていないときが「実行中」です。本当に何も表示されませんから「固まっているんじゃ...?」と、不安になりますが、大抵は大丈夫です。

こういう場合にも一旦 Ctrl + c でコマンドを中断し、処理内容が表示されるようにオプションスイッチを変更してから再実行するほうがいいと思われます。

このページの先頭へ↑

bashの「強制終了」は「正常終了」です

「強制終了」と言ってしまうと、なんだか「無理矢理プログラムの動作を止めている」というイメージがありますし、一般的な クライアント 向け OS の場合は、

「強制終了の後はシステムが不安定になっているの再起動するのが望ましい。」

といわれていますから、同じように Ctrl + c で処理を中断してしまった場合、 WBEL CentOS のシステムも再起動しなければならないような不安に駆られるかもしれません。

実際、同様の中断処理を行う、 WindowsOS Ctrl + Alt + Delete 操作や MacintoshOS Cmd + Option + Esc 操作などは「どうしようもないときの非常手段」であって、これを行うとかなりの確率でシステムがフリーズします。

しかしWBELやCentOSの場合はそんな心配は無用です。

bash 上で実施する Ctrl + c 操作は、あくまで コマンド を「正常に中断する」ものですから、bashの動作自身が不安定になるようなことはまずありません。

またbashはWBELやCentOS上で動作する一つの アプリケーション に過ぎませんから、仮にその動作が不安定になったとしても、強力な マルチタスク 能力を持つWBELやCentOSにとっては物の数ではありません。

という訳ですから、 Ctrl + c は、「非常時にもちいる操作」ではなく、むしろ 「普遍的に行ってよい操作」 と考え、恐れずに使用してください。

もちろん、必要のないときはやらないに越したことはありませんが。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。