このページではLinuxサーバーの時刻をNTP同期させるntpd起動設定の反映方法について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
NTP SSH DHCPサーバーの構築

NTPサーバーについて

ntpdの設定(WBEL3,CentOS3)

ntpdの設定(WBEL4,CentOS4)

ntpdの設定(CentOS5)

ntpdのコントロール

ntpdの動作チェック


SSHサーバーについて

sshdの設定(WBEL3,CentOS3)

sshdの設定(WBEL4,CentOS4)

sshdの設定(CentOS5)

sshdのコントロール

sshdの動作チェック

ポートフォワーディングの設定


DHCPサーバーについて

DHCPのインストールと設定

DHCPのコントロール

DHCPの動作チェック


ntpdの起動、停止、再起動

ntpd の起動、停止は、予め準備されている シェル スクリプト "/etc/init.d/ntpd" を利用して行います。

正確なスクリプトの場所は "/etc/rc.d/init.d/ntpd" ですが、予めディレクトリ "/etc/rc.d/init.d/" シンボリックリンク "/etc/init.d/" で作成されていますので、 "/etc/init.d/ntpd" でも実行することができます。

このシェルスクリプトが格納されているディレクトリには パス が通っていませんのでパス名付きで実行する必要があります パスが通っていない場所のファイルを実行するには

パス名を付けずに コマンド 名"ntpd"のみで実行すると、パスが通っているntpdの実体プログラム "/usr/sbin/ntpd" ntpdの構成ファイル(WBEL3,CentOS3) ntpdの構成ファイル(WBEL4,CentOS4) ntpdの構成ファイル(CentOS5) が呼び出されてしまいますので注意してください。

書式は以下のとおりです。作業はすべてroot アカウント から行います。

/etc/init.d/ntpd start...ntpdの起動

/etc/init.d/ntpd stop...ntpdの停止

[tanaka@web1 ~]$ su -Enter
Password: "root"のパスワードを入力します。 Enter
[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd startEnter
ntpd:時間サーバと同期中:                 [ OK ]
ntpdを起動中:                      [ OK ]
[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd stopEnter
ntpdを停止中:                      [ OK ]
[root@web1 ~]#

"/etc/ntp.conf"を書き換えた後にその設定を有効にするには、一度ntpdを停止して起動しなおすか、以下のコマンドを実行します。

/etc/init.d/ntpd restart...ntpdの再起動

[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd restartEnter
ntpdを停止中:                      [ OK ]
ntpd:時間サーバと同期中:                 [ OK ]
ntpdを起動中:                      [ OK ]
[root@web1 ~]#

ntpdが現在稼動してるかどうかを確認するには、

/etc/init.d/ntpd status...ntpdの状態確認

あるいは、 ps コマンドで起動プロセスを確認します。

[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd statusEnter
ntpd (pid 1092) を実行中...
[root@web1 ~]# ps ax | grep ntpdEnter パイプ処理の説明 grepコマンドの説明
1092 ?    SL   0:00 ntpd -U ntp -p /var/run/ntpd.pid
 ↑ntpdがシステムアカウント"ntp"で実行中であることを示します。
1356 pts/0  S   0:00 grep ntpd
 ↑このgrepコマンドのプロセスです。
[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd stopEnter
ntpdを停止中:                      [ OK ]
[root@web1 ~]# /etc/init.d/ntpd statusEnter
ntpdは停止しています
[root@web1 ~]# ps ax | grep ntpdEnter
1374 pts/0  S   0:00 grep ntpd
[root@web1 ~]#

ntpdは、ntpdの起動前の 構築中のLinuxサーバー の時刻と、参照する NTP サーバー の時刻との間に大幅な開きがあると、きちんと動作しないことがあります。

ntpdを起動、再起動した後は必ず ntpdの動作チェック を参考に具体的な動作内容の確認を行ってください。

このページの先頭へ↑

ntpdを自動的に起動する

ntpd は必要に応じて起動して使うものではなく、常に動作させておいて時刻調整を行い続けなければなりません。

従ってntpdは、 デーモン として動作させておかなければ意味がありませんから、 構築中のLinuxサーバー が起動したときに自動的に起動するように設定しておいたほうが何かと好都合です。

設定は ntsysv コマンド で設定画面を開き、 "ntpd" にチェックを入れるだけです。

ntpdをntsysvで自動起動登録する
"ntpd"を"ntsysv"で自動起動登録する

設定が終わったら念のため一度 構築中のLinuxサーバー reboot コマンドで再起動し、上のパートで説明した動作確認の方法で、きちんと起動しているかどうかをチェックしてみてください。

NEC「得選街」
このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System