このセクションではLinux構築した自宅サーバーメールサーバーとして利用する方法を初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
メールサーバーの構築

メールサーバーについて

電子メールシステムについて

メールアカウントの作成

POP/IMAPサーバーの設定

Sendmailの設定

Postfixの設定

ユーザー認証によるメール送信

SMTP AUTHの設定

POP/IMAP before SMTP

dracによるPBS構築
(WBEL3,CentOS3(i386))

Pop-before-smtpの設定
(WBEL3,4_CentOS3,4+UW IMAP)

Pop-before-smtpの設定
(WBEL4_CentOS4,5+Dovecot)

SquirrelMailの設定

サブミッションポートの設定

メールの転送設定のコツ

メールサーバーのコントロール

メールサーバーの動作チェック

ポートフォワーディングの設定


自分でメールサーバーを持つ楽しみ

今や電子メールは、ごく一般的なコミュニケーション手段となりました。

メールはもはやパソコンでインターネットを利用する人だけのものではなくなり、携帯電話の普及によってパソコンには無縁の人の間にまで深く浸透しています。

ただ、 ISP とインターネット接続契約をして「おまけ」で付いてくるメールアドレスや、情報サービスサイトなどで無料で利用できるタイプのフリーメールアドレスを除けば、メールの利用は基本的に 有料 です。

また、無料で使用できるおまけアドレスにせよフリーメールアドレスにせよ、 メールサーバー 上に保管できるメールの分量はほんの少しに過ぎません。

稀に、大容量のメールボックスを無料で貸してくれるサイトもありますが、そういうケースでは使用するたびに見たくもない広告を見せられたり、送信するメールそのものに広告を載せなければならないような場合がほとんどのようです。

無料のサービスですから贅沢をいえるはずもありませんが、やっぱり大容量のメールボックスで、もっと自由にメールを楽しみたいものです。

ところが、 構築中のLinuxサーバー 上にメールサーバーを設置すれば、そういう制約から一気に解放されます。つまり、

メールの利用がすべて無料になる。

いくらでも好きな数だけメールアドレスが利用できる。

ハードディスク の容量が許す限り、いくらでもメールを保管できる。

メールアドレス間の転送、コピー配信などが自由自在にできる。

というわけです。

いくらでもメールアドレスを作れるということは、スパムメールやウイルスメールが大量に来るようになってしまったメールアドレスを我慢して使う必要はないということです。

「汚れてしまった」メールアドレスは コマンド ひとつで消すことができますし、新しいメールアドレスを作るのもわけはありません。

メールアドレスを削除する、あるいは作る、といっても実際には userdel useradd コマンドで、システム上の ユーザーアカウント を削除したり、追加したりするだけですし、設定次第では同じ操作を テキスト ファイルの書き換えだけで済むようにもできます。

通販サイトなどでは、認証にフリーメールアドレスが使えない場合がありますが、自分の所有している ドメイン名 のメールアドレスならば、そういう制約もありません。

また、メールサーバーは自宅の LAN 内に設置しますから、LAN内の ホスト機 とのメールの送信、受信の速度は、当然LANのスピードということになります。

LANの通信速度は、一般的な ADSL の上り速度の数十倍以上ですから、これまで1分以上かかっていたメールの送信が、わずか数秒で終わってしまいます。

自分で自宅にメールサーバーを持つと、借り物のメールアドレスを使う場合とは比べ物にならないほど自由に、快適にメール生活が送れるようになります。

いかがですか?。自前のメールサーバーが欲しくなってきませんか?。

関連セクションへ 関連セクション・ Sendmailの設定

関連セクションへ 関連セクション・ Postfixの設定

このページの先頭へ↑

OSの種類によるメールサーバーの違いについて

WBEL3 及び CentOS3 、 そしてWBEL4、CentOS4、CentOS5では、 デフォルト インストール されている メールサーバー の種類やバージョンが異なります。

最も大きいのは、標準でインストールされる MRA (メール取得エージェント、または受信メールサーバーとも呼ばれます。)が、

WBEL3,CentOS3 → UW IMAP

WBEL4,CentOS4,CentOS5 → Dovecot

と全く異なることです。

一般的な利用であれば、このMRAの違いは大きな問題にはなりませんが、 POP/IMAP before SMTP POP/IMAP before SMTPについて を構築して任意の場所からメールを送信する仕組みを利用したい場合には、かなり異なるコンセプトでメールサーバーを構成しなければならなくなります。

そこでこの コンテンツ では、このPOP/IMAP before SMTPのパートはWBEL3またはCentOS3をご利用の場合と、WBEL4またはCentOS4をご利用の場合、更にCentOS5をご利用の場合のそれぞれのケースで解説しますので混同しないようにしてください。

また、すべてのケースに共通している設定の部分についてはとくに注釈を設けませんが、相違点については逐次解説を入れていきます。

操作が共通するところに関しては説明に支障がない限りはCentOS5を基準に説明しますので、WBEL3、CentOS3WBEL4、CentOS4、をご利用の方は細かい部分については適宜読み直して参考にしてください。

関連セクションへ 関連セクション・ Sendmailの設定

関連セクションへ 関連セクション・ Postfixの設定

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。