このセクションでは自宅サーバーを、WhiteBoxLinux構築するためのインストールの方法を初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
WBEL4のインストール

WBEL4のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

ネットワークの設定

ファイヤーウォール

追加言語サポート

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

インストール準備完了

パッケージのインストール

おめでとうございます

日付と時刻の設定

ディスプレイの設定

システムユーザーの設定

追加のCDとインストール完了


性能と安定性のバランスに優れたWBEL4

WBEL4 FedoraCore をベースとした RedHatEnterpriseLinux 4の クローン OSです。

リリースは2005年5月で、旧バージョンであるWBEL3よりも新しいバージョンの カーネル が採用され、最新の ハードウェア への対応や セキュリティ 機能の充実がより一層進んでいます。

現在(2006年9月)では既にリリースから一年が経過し、リリース初期の ディストリビューション にありがちな 初期バグ の修正もかなり進んでいると思われますので、かなり安心して利用できる時期になっていると思われます。

WBEL4のGUI操作画面
WBEL4のGUI操作画面

またWBEL4はRedHatEnterpriseLinux4と同様、2012年まで ソース コードレベルでのサーポートが保証されています。

WBEL4は、多くの企業や団体が基幹サーバー用のOSとして使用しているRedHatEnterpriseLinux4のクローンです。

また設定に必要な情報量の多さという面でもかなり充実していますから情報収集に困るということもないでしょう。初心者の選択肢としても悪くないタイミングになっていると思われます。

RHELは既にバージョン5がリリースされて一年以上経ちますが(2008年8月現在)、これに相当するWBEL5のリリースはまだ行われていません。

従ってRHELクローンの最新版を利用したければ、WBELではなく他のディストリビューション(例えば CentOS5 CentOS5のインストール ) を選択する必要があります。

WBELはCentOSのように有志が集まって積極的に開発が進められているディストリビューションではないことから、バージョンアップやアップデートはこのように遅れ気味になることが多いので、常に最新版を利用したい方は選択肢からはずすことも考えなければならないかもしれません。

さて、WBEL4のリーリス時期から考えると、バランス的には2002年から現行機までのハードウェアが適しているでしょう。

WBEL4は、WBEL3が インストール できない最新のハードウェアでも利用可能なケースが多いので、現行機種に近いパソコンでWBELを利用したい場合に適します。

ただあまり古くないと思われる ホスト機 の場合でも、構成する ハードウェア に古い設計のものが使用されている場合にはWBEL4のインストールがうまく行かない場合がありますから、こういう場合はWBEL3をインストールすると良いでしょう。

WBEL4は新しいハードウェアでの動作に対して最適化が行われており、現行機種で扱う場合には一般にWBEL3よりも10〜20%ほど高速に動作するといわれています。

管理人イチオシの一冊、
Linux初心者必読です!

そういう意味でも、新しいハードウェア環境でサーバーを構築したい場合にはWBEL3よりもWBEL4を優先したほうが良いかもしれません。

というわけですから、少しチャレンジする気持ちのある方は思い切ってWBEL4を利用してみたほうが、案外実用上のメリットは大きいと思います。

関連セクションへ 関連セクション・ WBEL3のインストール

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。