このページではWhiteBoxLinux自宅サーバーインストールする時のインストール準備完了画面について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
WBEL3のインストール

WBEL3のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

ネットワークの設定

ファイヤーウォール

追加言語サポート

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

インストール準備完了

パッケージのインストール

グラフィックインターフェース(X)の設定

モニタの設定

Xのカスタム設定

おめでとうございます


インストール準備完了

この画面で 次(N) をクリックすると、 ハードディスク のフォーマット処理と OS インストール が始まります。

実は、ここで 次(N) をクリックするまでは、 ホスト機 のハードディスクには何の書き込みも行われていません。

従ってここが作業中止のラストチャンスとなります。

例えば、インストールしようとするハードディスクに大事なデータが保存してあることに気がついて、インストール作業を中断したい場合は、ここでキーボードから Ctrl Alt Delete を一緒に押してください。ただちにインストール作業が中断され、インストーラが正常終了してホスト機が再起動します。

WBEL3 インストールを実行する決断がついたら、 次(N) を左クリックして "パッケージのインストール へ進みましょう。直ちにインストールが始まります。

ホスト機の構成にもよりますが、通常は数十分程度でインストール作業は終わります。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System