このセクションでは自宅サーバーを、WhiteBoxLinux構築するためのインストールの方法を初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
WBEL3のインストール

WBEL3のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

ネットワークの設定

ファイヤーウォール

追加言語サポート

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

インストール準備完了

パッケージのインストール

グラフィックインターフェース(X)の設定

モニタの設定

Xのカスタム設定

おめでとうございます


安定性を重視するならWBEL3

WBEL3 RedHatLinux 9をベースとした RedHatEnterpriseLinux 3の クローン OSです。

実は、2005年に最新バージョンであるWBEL4がリリースされていますので、WBEL3は既に旧バージョンということになっています。

ちなみにWBEL4は FedoraCore をベースとしたRedHatEnterpriseLinux4のクローンOSで、最新の ハードウェア への対応や セキュリティ 機能の充実がより一層進んでいます。

WBEL3のGUI操作画面
WBEL3のGUI操作画面

これがただの クライアント 用OSであれば、できるだけ早く新しいバージョンに切り替えたくなるところかもしれませんが、 サーバー 用OSの場合にはむしろ「初期 バグ 」が少ない「適当にこなれたバージョン」を使用すべきかもしれません。

WBEL3は、既に多くの企業や団体が基幹サーバー用のOSとして使用し、実績を残してきたRedHatEnterpriseLinux3のクローンですから、既に初期不良のほとんどは修正が済み、設定や運用のための情報も豊富ですので安心して使用できます。

またWBEL3はRedHatEnterpriseLinux3と同様、2010年秋まで ソース コードレベルでのサーポートが保証されていますから、いずれはWBEL4に乗り換えるにしても、じっくり構えていても構わないというわけです。

WBEL3のリーリス時期から考えると、バランス的には2000年から2004年くらいまでのハードウェアが適しているでしょう。つまり WindowsOS でいえば、 Windows2000 WindowsMe WindowsXP のSP1の頃のパソコンが対象になります。

これより以前のハードウェアになると、さすがのWBEL3でも動作が遅くなってしまいますし、 インストール 時になにかと不都合が発生し易いので避けたほうが賢明だと思われます。

また逆に最新のハードウェアでは、WBEL3の カーネル デバイスドライバ が対応できない可能性がありますので、現行の ホスト機 を準備するときはできるだけ規格のこなれたものを選ぶと安心です。

ところでWBEL3は実績のあるOSですが、その本家ともいうべきRHELの現行バージョンが 5 ということもあり、コンセプトの古さは否めない状況になってきました。

管理人イチオシの一冊、
Linux初心者必読です!

特に最近のWeb コンテンツ の流行ともいうべき CMS を構築するケースでは、標準でインストールされる データベース の一つである MySQL のバージョンが古いために、利用できないCMSの アプリケーション もかなり増えてきました MySQLのバージョンについて

従って、もしホスト機にWBEL3とWBEL4の両方がインストール可能であるならばあえてWBEL3を選択すべき理由はあまりないでしょう。こういう場合は将来性を考えてWBEL4を選択すべきだと思います。

関連セクションへ 関連セクション・ WBEL4のインストール

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。