このページではWhiteBoxLinux自宅サーバーインストールする時のグラフィックインターフェース(X)の設定について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
WBEL3のインストール

WBEL3のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

ネットワークの設定

ファイヤーウォール

追加言語サポート

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

インストール準備完了

パッケージのインストール

グラフィックインターフェース(X)の設定

モニタの設定

Xのカスタム設定

おめでとうございます


グラフィックインターフェース(X)の設定

このステップでは、 WBEL3 X-Windowシステム を使用するためのグラフィックカードの設定を行います。

ホスト機 に余程特殊なグラフィックカード グラフィックカードの選定について を使用してない限りは、このステップでは何もする必要はありません。

通常はWBEL3のインストーラがホスト機のグラフィックカードの種類を判別して自動的に選択が行われ、 (1) にグラフィックカードのメーカーと型番、 (2) にVRAMの容量が正しく表示されているはずですから、そのまま 次(N) ボタンを左クリックして次のステップ "モニタの設定" に進みましょう。

稀なケースですが、もしもグラフィックカードの種類とVRAM容量が WBEL3のインストールの準備について でメモしておいたものと異なる場合には、正しいものを選択しなおす必要があります。

ただし、グラフィックカードには細かい仕様が異なるだけの類似製品が数多くありますから、実際の型番とWBEL3のインストーラ上で示される型番が微妙に違うだけということがあります。こういう場合にはインストーラの自動検出を信用して構わないケースがほとんどです。

従って、 (1) をあれこれ調べてみてもピッタリ該当するグラフィックカードが見つからないような場合は、 (3) をクリックして最初の設定に戻してから 次(N) ボタンを左クリックして次のステップ "モニタの設定" に進んでください。これで大抵は大丈夫のはずです。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System