このページではWhiteBoxLinux自宅サーバーへのインストール終了時と最初の起動の確認について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
WBEL3のインストール

WBEL3のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

ネットワークの設定

ファイヤーウォール

追加言語サポート

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

インストール準備完了

パッケージのインストール

グラフィックインターフェース(X)の設定

モニタの設定

Xのカスタム設定

おめでとうございます


インストール完了

インストール 完了の確認画面です。

ここではもう設定項目はありません。

ホスト機 にインストール用 フロッピーディスク やインストール CD が挿入されているときはここで取り出しておきます(この画面が開くときに、CDトレイも同時に開いているはずです)。

もしもCDトレイが開いていないときは、ホスト機のCDイジェクトボタンを押してインストールCDを取り除いてください。

終了(E) ボタンをクリックすると、本体が再起動し、しばらくすると、 ブートローダ である "GRUB" WBEL3のブートローダの設定 の起動 OS 選択画面が表示されます。

そのまましばらく待つと、 WBEL3 が起動を始めます。

このとき、画面上に見慣れないメッセージが次々に表示されていきますが、最初の起動時には必ず画面をチェックしてください。

これはWBEL3の起動時に読み込まれるプログラムなどのステータスで、正常に起動した場合は "OK" 、正常に起動できずに起動がキャンセルされた場合は "FAILD" 、で示されます。

普通はこの段階で "FAILD" が表示されるケースはまずありません。ただ、例えばネットワークの設定 WBEL3のネットワークの設定 に誤りがある場合、以下の の部分に "FAILD" が表示されます。

"Bringing up interface eth0: [ FAILED ]" 、これはつまり、ホスト機の NIC である "eth0" という デバイス が起動できなかったことを示しているわけですが、これはNICが物理的には正常に動作していても、例えばネットワークの設定そのものに根本的な誤りがある場合や、 UTPケーブル がホスト機から抜けてしまっているような場合でも表示されるメッセージです。

とはいうものの、この段階で "FAILD" となっても、その場では対処法がありませんので、とりあえずは "どの項目で "FAILD" が表示されたか" を確認しておいて、後から再設定することになります。

もちろん、後から再確認する方法はありますので、ステータスを見落としても慌てる必要はありません。

管理人イチオシの一冊、
Linux初心者必読です!

もし、WBEL3の起動に致命的な問題がなければ、起動プロセスが最後まで進んで、以下の ログイン 待ちの画面になるはずです。

以上でWBEL3の基本的なインストール作業は終了です。お疲れ様でした。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System