このページではCentOSインストールDVD起動後にインストール環境を設定する方法を初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
CentOS6.2のインストール

CentOS6のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

ストレージデバイスの選択

ネットワークの設定

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

パッケージのインストール

おめでとうございます

ライセンス情報

ユーザーの作成

日付と時刻の設定

Kdump設定とインストール完了


CentOS6のインストール開始

CentOS6 のグラフィックインストーラのインストール開始画面です。

CentOS5からは、旧バージョンにあった "Online Help" がなくなっています。

しかしその分、インストールのステップが細分化されていて、インストール画面の中にかなり細かく説明が掲載されるように改良されていますから、ヘルプがなくなったからといって大きく困ることはないでしょう。

この画面には設定項目はありませんので、 Next ボタンを左クリックして次の インストール言語の選択 へ進みましょう。

インストール言語の選択

インストール作業に用いる言語の選択ステップです。

通常は「自分が一番得意な言語」を選びましょう。

この コンテンツ をご覧の方であれば、大抵は「日本語」のはずですので、マウスで Japanese(日本語) を選んでください。

Next ボタンを左クリックすると次の キーボードの選択 へ進みます。

このページの先頭へ↑

キーボードの選択

使用するキーボードの種類の選択ステップです。

前の インストール言語の選択 "Japanese(日本語)" を選びましたので、ここからは日本語での設定になります。
日本語以外のキーボードをお使いの場合は、該当するものを選択する必要があります。

前のステップで "Japanese(日本語)" を選択していれば、自動的に日本語キーボード "日本語" が選択されているはずですので、そのまま 次(N) ボタンを左クリックして次の ストレージデバイスの選択 へ進みましょう。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。