このページではCentOS自宅サーバーインストールする時のパッケージグループの選択について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
CentOS6.2のインストール

CentOS6のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

ストレージデバイスの選択

ネットワークの設定

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

パッケージのインストール

おめでとうございます

ライセンス情報

ユーザーの作成

日付と時刻の設定

Kdump設定とインストール完了


データベースの選択

LAMP による CMS の構築 CMS/LAMPシステムの構築 などに用いる SQL データベース のインストールを行います。

具体的にインストールするのは MySQL とPostgreSQLの二種類で、大量のユーザー管理やBBS、通販の顧客管理などの運用、最近流行のブログやSNSの運用など、大量のデータを高速に検索しなければならない場合に威力を発揮するアプリケーションで、近年非常に利用度が高まっていますから、すぐに利用する予定がなくてもインストールしておくことをお勧めします。

"MySQLデータベースクライアント" ...チェックして追加パッケージからすべてのパッケージを追加

MySQL クライアント関係のアプリケーションとドライバ類です。すべてインストールします。

"MySQLデータベースサーバー" ...チェックして追加パッケージからすべてのパッケージを追加

MySQLサーバー関係のアプリケーションです。すべてインストールします。

"PostgreSQLデータベースクライアント" ...チェックして追加パッケージからすべてのパッケージを追加

PostgreSQLクライアント関係のアプリケーションとドライバ類です。すべてインストールします。

"PostgreSQLデータベースサーバー" ...チェックして追加パッケージからすべてのパッケージを追加

PostgreSQLサーバー関係のアプリケーションです。すべてインストールします。

ベースシステムの選択

CentOS6 のサーバーとしての基本動作のために必要なアプリケーションセットの選択です。

デフォルト で選択されているアプリケーションセットのままでOKです。

このページの先頭へ↑

仮想化の選択

KVM による仮想ホスト環境を構築するためのアプリケーションをインストールします。

この コンテンツ では仮想ホストについては触れません。 デフォルト では何も選択されていませんのでそのままにしておきます。

このページの先頭へ↑

言語の選択

CentOS6で用いる言語の選択です。

使用したい言語を任意に必要なだけ選択しますが、 "インストール言語の選択" CentOS6のインストール言語の設定へ のステップで、 "Japanese(日本語)" を選択してCentOS6の インストール 作業が開始されていれば デフォルト "日本語のサポート" が選択されています。通常はこのままでいいでしょう。

ベースとなる英語システムはデフォルトで導入されます。

このページの先頭へ↑

開発の選択

プログラムの作成や実行に必要な インタープリタ コンパイラ と、それらに必要なツール類などの選択項目です。

"開発ツール" ...チェックして追加

汎用のインタプリタとその補助プログラムなどです。間接的に利用する可能性がありますのでインストールしておきます。

このページの先頭へ↑

依存関係について

このステップで選択した個々の アプリケーション やツール類は、例えば 「×××を インストール して利用するには、別の○○○のインストールが必要。」 という 依存関係 が多数存在します。

CentOS6 のインストーラは、その依存関係を自動で適切に探し出しますので、この点で悩む必要はほとんどありません。

しかしその結果として、自分では選択した覚えのないアプリケーションが強制的にインストールされることがありますが、もちろん設定ミスやエラーではありませんので安心してください。

以上の設定が終わったら、 次(N) を左クリックします。

すると依存関係の検査が行われた後、CentOS6のインストールが開始されます。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。