このページではCentOS自宅サーバーインストールする時のパッケージのインストール画面について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
CentOS6.2のインストール

CentOS6のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

ストレージデバイスの選択

ネットワークの設定

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

パッケージのインストール

おめでとうございます

ライセンス情報

ユーザーの作成

日付と時刻の設定

Kdump設定とインストール完了


パッケージのインストール

このステップに入ると、 CentOS6 のインストーラがこれまでの設定に従って自動で インストール 作業を行ってくれますので、あとはお茶でも飲みながらしばらくお待ちください。

どうしても作業を中断したい場合には、キーボードから Ctrl Alt Delete を一緒に押してください。ただちにインストール作業が中断され、インストーラが正常終了してホスト機が再起動します。

ただしここで作業を中断しても、 ハードディスク の内容は消去されてしまっていると考えてください。また、インストールの設定作業は当然最初からやり直しになります。

以下はインストール中の画面の例です。

DVDが二枚組の64ビット版の場合は、しばらく待つと自動的にインストール DVD がイジェクトされます。

そして次のインストールDVDの挿入を促すメッセージが出ますので、指示に従ってインストールDVD(2)に入れ替え、トレイを閉じて OK(O) ボタンを左クリックすると、インストール作業が続行されます。

稀なケースですが、このインストール作業中に ホスト機 が停止してしまうことがあります。

この場合は強制的に電源を切って ホスト機の強制終了の方法について 最初からインストール作業をやり直すことになります。理由は不明ですが、インストール時にホスト機が停止することは普遍的なものではないようですので、大抵はやり直しが利くようです。

また、ホスト機の性能や ストレージデバイス の読み書き速度がそれほど悪くないにも関わらず、インストール作業に非常に長い時間(2〜3時間)を要することがあります。

これは、CentOS6のインストーラと、ホスト機のストレージデバイスコントローラの相性が悪く、ストレージデバイスの入出力の方法が、現在の高速で一般的な "DMA" ではなく、旧来の安定な低速の入出力方式である "PIO" で動作しているために起こる現象です。

これは、インストール作業が終了後に LinuxOS 用の デバイスドライバ を導入することで解消されることがありますから、とりあえずはそのまま作業を進めましょう。

このステップが終了すると、自動的に次の "インストール完了" へ進みます。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。