このページではCentOS自宅サーバーインストールする時のライセンス情報の承諾について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
CentOS6.2のインストール

CentOS6のインストール

インストールの下準備

インストーラの起動

操作環境の設定

ストレージデバイスの選択

ネットワークの設定

タイムゾーンの選択

rootパスワードを設定

Disk Druidの説明

ディスクの設定

ブートローダの設定

パッケージグループの選択1

パッケージグループの選択2

パッケージのインストール

おめでとうございます

ライセンス情報

ユーザーの作成

日付と時刻の設定

Kdump設定とインストール完了


CentOSのライセンスに同意します

CentOS の利用ライセンスの同意に関するページです。

CentOSは、そのベースである RHEL からレッドハットの商標などを取り除いた LinuxOS のパッケージです。

もちろん自己責任であれば無償で自由に利用することが可能です。

CentOSの利用に際しては、開発者側のソースコードの公開(オープンソース)を原則とし、使用者に対してソースコードを含めた再配布や改変の自由を認めるライセンス体系である GPL(General Public License) について、使用者側もこれを正しく理解する必要があります。

英語で書かれていますが、短い簡潔な文章なので難しくはないと思います。

"はい、ライセンス同意書に同意します(Y)" が選択されているのを確認して 進む(F) をクリックし、 ユーザーの作成 のステップへ進んでください。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。