このページでは自宅サーバーLinuxサーバーとして構築可能な中古パソコンとその転用方法について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
自宅サーバー用ハードウェアの準備

ハードウェアの準備

専用のパソコンを準備する

手持ちのパソコンを転用する

ケースと電源

CPUとマザーボード

メモリとグラフィックカード

ハードディスク

モデムとルーターとハブ

ネットワークカードとケーブル

CD/DVDとフロッピードライブ

その他諸々

サーバー専用機について


捨てるつもりならチャレンジしよう!

例えば、 WBEL CentOS サーバー 運用するために大金(でもないかもしれません。人によっては。)をかけて用意した ホスト機 が、 OS との相性で上手く動かなかったらかなりのショックです。

世の中にあるパソコンの大部分は、 IA に基づいて設計され、 WindowsOS が動作することを前提に作られていますから、相性の問題でWindowsOSが使えないとこはまずありません。

一方のWBELやCentOSは、WindowsOSが動作するものであれば大抵のパソコンで動作しますが、100%ではありません。

また、WBELやCentOSが導入できなくても、他の種類の LinuxOS ならば大丈夫、というケースもあり得るでしょう。

「インストールして、ちゃんと動くようだったらお金を払うから。」

みたいなわがままを聞いてくれるパソコンショップがあればいいのですが、そこまで親切なショップは今のところあまり聞いたことがありません。

ハードウェア の知識が身についてきて、 マザーボード の仕様書の内容を理解できるようになって、導入したいLinuxOSとの相性が解ってくるようになれば、かなりの自信をもってLinuxOS用のホスト機を準備できるようになりますが、それまでにはまだまだ長い道のりがあります。

ところが、お金を払わなくても自由に使えるホスト機があれば、ダメ元でチャレンジしてみてはどうでしょうか。

また幸いなことにWBELやCentOSを含め、LinuxOSの大部分は無料で入手できて、しかも合法的に使用できるフリーのOSです。もともとタダなんですから、使えなくても悔しくはないですよね。

自宅のパソコンが適当に古くなって、「そろそろ新しいパソコンが欲しいな」と思っても、それまで慣れ親しんだ愛機は下取りに出しても二束三文、下取りに出せなかったらリサイクル費用を払わなければならないご時世です。

既に新しいパソコンを手に入れた後でも、売ることも捨てることも出来ずに、古いパソコンが押入れや部屋の片隅で眠っていたりしてはいないでしょうか。

その古いパソコンは最新のWindowsOSが使えない性能であっても、WBELやCentOSでサーバーを構築するには充分かもしれません。どうせ使えないもので、捨てるに捨てられないものならば、思い切ってサーバーに転用してみてはいかがでしょうか。

WBELやCentOSに限ったことではありませんが、パソコンにはサポート外のOSの動作保証はありません。それが普通です。でも、そういう古いパソコンは、もう既に保証は切れているはずですから、何も恐れることはありません。

WBELやCentOSは、 サーバー 用の OS として利用するのであれば、かなり低めの性能の ホスト機 でも快適に動作します。きちんと扱える性能の目安としては、

WBEL3 WBEL3について , CentOS3 CentOS3について  →  Windows98 以降

WBEL4 WBEL4について , CentOS4 CentOS4について  →  Windows2000 以降

CentOS5 CentOS5について  →  WindowsXP 以降

CentOS6 CentOS5について  →  WindowsVista 以降

のOSが普通に動作するレベルのホスト機と考えていいでしょう。

という訳で、

その古いパソコンはWindows98以降のWindowsOSが入っていたものである。

そのパソコンに元々入っていたWindowsOSが使えなくなっても別に困らない。

そのパソコンでWBELやCentOSが動けばそのまま使い続けてもいいと思っている。

LinuxOSはソフトウェアですから、それをインストールしたからといってパソコン自体が変になったりすることはありません。ちゃんと元に戻ります。

のであれば、そのパソコンにWBELやCentOSをインストールしてみる価値はあります。もしうまくいかなかったら、元のWindowsOSに戻せばいいだけです。

そうして色々いじくり回していれば、それなりに知識も備わってくるはずですから、サーバー用に新しいホスト機を準備するのはそれから後でも構わないのではないかと思います。

このページの先頭へ↑

もしダメだったときのために

WBEL CentOS インストール にチャレンジしてみたものの、何らかの理由でもう一度元の WindowsOS に戻さなければならないケースはゼロではありません。

例えば処分予定のパソコンにWBELやCentOSをインストールしてみたけどうまくいかず、「やっぱり処分していまいたい」と思ったときに、元のWindowsOSに戻すことができなければ、下取りに出したり、中古で売ったりすることができなくなってしまいます。

そのためにはまず、トラブル時や緊急時にそのパソコンを最初の状態に戻すための、

パソコンに付属のリカバリー用の CD が手元にあること。

を確認してください。

ダメだったら捨ててしまえ、と思っている方には、リカバリーCDは不用です。そういう思い切りの良さは、未知のOSにチャレンジするうえでは大切な資質かもしれません。

リカバリーCDとは、パソコンのシステムがおかしくなって、手の施しようがなくなったときなどに、そのパソコンのシステムをメーカーの工場から出荷された状態に戻してくれるものです。

およそ2002年より以前に発売されたメーカー製のパソコンは、大抵この「リカバリーCD」が付属していました。

経験的にいうと、リカバリーCDはかなりの確率で「行方不明」になっています。が、大抵は買ったときのパソコンの箱に入って押入れに突っ込んであるとか、マニュアル類と一緒に袋に入って本棚隅っこに立てかけてあるとか、そういうところにあると思います。

メーカー製パソコンにWBELやCentOSをインストールしてみようという場合は、このリカバリーCDが手元にあるかどうか、きちんと確認しておく必要があります。

もちろん、それが組み立てパソコンやパソコンショップのオリジナルパソコンの場合には、普通リカバリーCDは付属していないはずです。そういうケースではWindowsOSのインストールディスクをお持ちのはずですので、そちらのほうを確認することになります。

ところが、最近のメーカー製パソコンには、このリカバリーシステムについて、

Disk to Diskリカバリー方式 :パソコンに内蔵している ハードディスク の中に、普段は扱うことのできない特別な領域が作ってあって、ここにリカバリーのためのプログラムが格納されているパターンです。大抵は「特定のキーを押したまま電源を入れる」という方法でリカバリープログラムを起動します。実際に使用できるハードディスク容量が幾分削られているので勿体無い気がしますが、CDからリカバリーするより簡単で高速ですし、リカバリーディスクを無くしてしまう心配もありません。ま、実際にはメーカーのコストダウンのために考え出された方法なのですが。

Disk to Diskリカバリー方式

を採用している場合が多く、大抵はリカバリーCDが付属していません。

こういうシステムを採用しているパソコンの場合、WBELやCentOSをインストールしてしまうと、このリカバリー領域が壊れてしまったり、リカバリープログラムが起動できなくなったりする恐れがあります。

こうなってしまうと、メーカーにリカバリー領域の修復をお願いしたり、特別製のリカバリーCDを取り寄せたりしなければならなくなりますので、後が大変です。

こういう場合はどうしたらいいかというと、

パソコンを分解し、ハードディスクを別のものに交換してWBELやCentOSをインストールする。

という方法がベターかもしれません。

メーカー製のパソコンの場合、勝手に分解すると無料保証が受けられなくなることが多いのですが、保証期限が切れていれば安心(?)して分解できます。

パソコン内蔵用ハードディスクでしたら、かなりの容量のものが数千円くらいで買えます。

つまり、WBELやCentOSのインストールにオリジナルのハードディスクを使わないことで、万が一インストールがうまくいかず、どうしようもなくなった場合にでも元のハードディスクを取り付け直せばもとどおりというわけです。

例えばリカバリーCDが付属しているパソコンでチャレンジしようと思っている場合でも、実はこれが一番オススメの方法だったりします。

なぜなら、パソコンを元の状態に戻す場合、リカバリー作業よりもハードディスクの入れ替えのほうがはるかに簡単でスピーディーだからです。

パソコンの分解やハードディスクの交換方法は、購入したハードディスクの説明書や雑誌、インターネット上に山ほど解説がありますので、参考にしてください。

ただし、パソコン内部の配線を痛めたり、コネクタや基板を傷つけたりする恐れがありますので、自他共に認める不器用さんとか、ドライバーのプラスとマイナスの意味が解らないほどの機械音痴さんとかは、こういう方法はやめておいたほうが無難かもしれません。

ただ、パソコンを分解してハードディスクの交換などを経験すれば、それなりに ハードウェア の知識は身についてくるはずですから、「機械いじりはちょっと苦手...」という方でも、勉強のつもりで多少なりともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ↑

ノートパソコンでもLet'sトライ

WBEL CentOS に限らず、ノートパソコンにサポート外の OS を入れるのはかなり難しく、骨折り損のくたびれもうけになる可能性大です。

なぜなら、ノートパソコンはほどんどがメーカー製で、パーツの交換や流用が利き難く、肝心な部分が思ったように動作してくれないケースが見られるからです。でも、

リカバリーCDが付属している(Disk to Diskリカバリー方式ではない)

起動可能なCDドライブを内蔵している

のであれば、チャレンジは可能です。そのノートパソコンに、たまたまWBELやCentOSが正常に認識してくれる ハードウェア ばかりが使われている可能性も決してゼロではないからです。

また、機種によっては、デスクトップ型以上に ハードディスク の交換が容易なものもあります。

デスクトップ型やタワー型パソコンに内蔵されている3.5インチタイプのハードディスクに対し、ノートパソコン用の2.5インチタイプのハードディスクは、同じ容量で価格は3〜5倍程度と高価です。また、市販品の最大容量も1/3程度です。ただし、消費電力は逆に1/3〜1/5と経済性が良く、動作音も格段に静かです。

ノートパソコン用のハードディスクは結構高価なのですが、予算が許すようであればハードディスクを交換してWBELやCentOSの インストール にチャレンジしてみるのも選択肢になるでしょう。

ただ、携帯性重視で CD ドライブを内蔵していないノートパソコンの場合は、そのCDドライブの接続方法がハードウェア的に特殊であることが多く、一番最初のインストールプログラムの起動で躓くケースが多くなります。従ってこのようなタイプの場合は、「うまくいけば儲けもの」ぐらいの気持ちでトライしましょう。

現在このコンテンツは、古いノートパソコン SONY VAIO PCG-Z505CR/K を公開サーバーとして配信しています お便利宅のサーバー環境について
サーバー構築の方法は、こちら Z505をLinuxサーバーにする のほうで紹介していますので、よろしければ参考にしてください(ちょっと難しいですけど)。

実はノートパソコンは、 ノートパソコンをサーバーに使う利点へ で説明したとおり、 サーバー として運用するのに都合の良い点も多く、ハードディスク容量と、ハードウェアの動作の安定性に問題がなければ結構使えたりします。

もちろん、本格的なサーバー用途には不向きなので、練習用と割り切ったほうがいいかもしれません。

例えばWBELやCentOSを試しに扱ってみたいとか、試験的にサーバーを組んでみたいとか、負荷の小さい 公開サーバー に使用を限定するとか、そういう用途であればまんざら捨てたものではないかもしれません。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System