このページでは自宅サーバーLinuxサーバーとして構築する場合の、サーバー専用機の利用について初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
自宅サーバー用ハードウェアの準備

ハードウェアの準備

専用のパソコンを準備する

手持ちのパソコンを転用する

ケースと電源

CPUとマザーボード

メモリとグラフィックカード

ハードディスク

モデムとルーターとハブ

ネットワークカードとケーブル

CD/DVDとフロッピードライブ

その他諸々

サーバー専用機について


格安で入手できる今がオススメかもしれません

一昔前は「 サーバー 専用機」といえば個人には高値の花でしたが、最近はパソコン以下の価格で入手できる格安な サーバー機 も珍しくなくなってきました。

もちろん、本格的な商業用サーバー機は高価です。パソコンとは二桁、三桁違うものもざらです。複数のサーバーユニットを組み合わせた「クラスタ」と呼ばれるタイプで高性能なものになると、更にもう一桁違ったりします。

ところがどんな高性能なサーバー機でも、サーバーそのものの役割からいえば、パソコンを転用したサーバー機となんら違いはありません。なぜかというと、サーバーの仕事内容を決めるのはサーバー機という ハードウェア ではなく、あくまで ソフトウェア である OS だからです。

では、サーバー専用機は何が違うかというと、

極めて高い動作安定性と耐障害性

大量の要求に短時間で一度に答えられる処理能力

です。もちろんこれらの能力はサーバー機で最も重視されるべきところで、いくら性能の良いパソコンをかき集めても遠く及ぶものではないでしょう。

もちろん、個人でこのような高性能なサーバーシステムを持っていても仕方がありませんから、サーバー専用機の中でも「エントリークラス」と呼ばれるものを選択することになります。

エントリークラスのサーバー専用機の大体の仕様は、同価格帯のパソコンとあまり変わりはありません。ところが、主に次のような違いがあります。

メモリ:エラー訂正機能付きメモリ(ECC ECCメモリについて )が採用されていることが多い。

ディスクコントローラー:搭載可能なハードディスクの種類や数が多い。

外部入出力ポート:サーバーに必要な最低限のものしか搭載されない。

マザーボード:安定志向の設計がなされている。

CD/DVDドライブ:最低限のものしか搭載されていない。

グラフィックカード:最低限のものしか搭載されていない。

サウンド機能:非搭載が普通。

要するに、サーバーとして運用するにあたって、お金をかけるべきところとかけるべきではないところがはっきりしていて、結果的にパソコンと同一価格帯に収まっている、というのが格安サーバー専用機の正体というわけです。

著名なメーカーとしては、 HP DELL NEC特選街富士通WebMart あたりが格安のエントリーサーバー機を出しています。キャンペーンを利用すると「えっ!」という価格で入手できることがあります。

デル株式会社

NEC「得選街」

富士通

ですから、本気でサーバーを運用する気概があるのであれば、実はこのクラスのサーバー専用機がファーストチョイスであることは疑うべくもありません。

実際、現在この コンテンツ HP(ヒューレットパッカード) の格安サーバー機、 HP ProLiant ML115 CentOS インストール したサーバーから配信されています。

その構築の顛末とインプレッションについては サーバー専用機で自宅サーバー に掲載中ですので是非ご覧ください。

さて、一方ではサーバー専用機には専用機ゆえの困った問題があります。

サーバー専用機は、動作の安定性と ストレージデバイス やネットワークのスピードを両立させるため、それらのコントローラに特殊なパーツが採用されているケースが多いということです。

そのため、サーバー専用機はOSの インストール 時に特殊な デバイスドライバ を導入しなければならないケースが多いのですが、サーバー専用機の多くは Windows2000Server WindowsServer2003 WindowsServer2008 での利用が前提になっているため、 UNIX 系OSのデバイスドライバが準備されていないケースがあります。

もっとも、商用の LinuxOS として最も利用度の高い RHEL 用のデバイスドライバは準備されていることが多いので、RHELの クローン である WBEL CentOS の場合には比較的問題は少ないと思われます。

そういう意味でいえば、自社でUNIX系OSを扱っているHPがもっともLinuxOSへの対応状況が良いのでオススメかもしれません。

もちろん「WBELやCentOSだから絶対大丈夫」という保証はありませんし、仮にドライバが入手できたとしても、それを導入するには難解なコマンドを打ち込まなければならないケースがあったりしますから、 WindowsOS のように「OKボタンをクリックするだけ」という訳にはいかないのが実状のようです。

更に、サーバー専用機は家庭での使用が前提にはなっていないため、 「静粛性」 「消費電力」 についてはあまり考慮されていないのが普通です。

サーバーの機種によっては、「電子レンジ並」の騒音を出しつづけるものもありますから、家の中のどこに設置しても騒音が避けられないこともあります。

また、これは後ろ向きの考え方かもしれませんが、あなたがサーバーの運用を挫折したときに、 クライアント 用途としてのパソコンへの転用が難しいという点です。

なぜなら、エントリークラスのサーバー機は沢山のドライブを内蔵できるように大抵は巨大なフルタワー型 ケースのサイズと規格について ですから、パソコンとして机回りに配置するには図体が大き過ぎるという問題があります。

その他にもサーバー専用機は、例えば仕様上高性能なグラフィックカードが搭載できないとか、あるいはゲームポートやサウンド機能などは別途拡張カードで取り付ける必要があるとか、「パソコンとして楽しめる」構成にするには、色々と問題があります。

もちろん、不要ならば中古サーバー機としてパソコンショップやネットオークションなどで売却してしまうという方法もあります。しかしサーバー機は需要が少ないため、あまり高い値段では処分できないことも覚悟する必要があるでしょう。

最初からサーバー専用機を投入するか、それともパソコン転用機で様子をみて、必要になったときにサーバー専用機に切り替えるか、それはあなたの考え方次第ですので、一概にどちらがよいとは言えません。

最終的には自分の性格とやる気と財布のバランスで判断しましょう。

キャンペーンを利用してパソコンよりもずっと安価にできました。

ところで先にも述べましたが、この「お便利サーバー.com」を配信している 公開サーバー は、パソコン転用機、ノートPCを経て現在はHPの格安エントリーサーバー機 HP ProLiant ML115 で運用されています。

構築はそれなりに面倒なところがありますが、サーバー専用機ということでやはり「精神的な」安心感は違います。

こちら 専用機で公開サーバー構築 に構築記録を掲載していますので、興味のある方はご覧ください。

その他諸々 <<Previous
このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。