このページでは自宅サーバーLinux構築するのに必要なネットワークカードUTPケーブルなどについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
自宅サーバー用ハードウェアの準備

ハードウェアの準備

専用のパソコンを準備する

手持ちのパソコンを転用する

ケースと電源

CPUとマザーボード

メモリとグラフィックカード

ハードディスク

モデムとルーターとハブ

ネットワークカードとケーブル

CD/DVDとフロッピードライブ

その他諸々

サーバー専用機について


ネットワークの規格について

コンピュータネットワークには、通信ケーブルの線数や接続部の形状などの構造的な規格や、電気信号の流し方や理論的な伝送方法などの信号としての規格などが存在します。

コンピュータネットワークの黎明期には、 OS ホスト機 アーキテクチャ 毎に様々な種類の伝送規格が乱立していましたが、現在のコンピュータネットワーク規格の主流は Ethernet と呼ばれる規格に収斂されており、物理的な配線も UTPケーブル の使用と、 RJ-45 コネクタによる結線でほぼ統一されています。

このRJ-45コネクタと間違えやすい形状をしているのが、電話線の接続によく使われている RJ-11 というタイプのコネクタです。

これは、以前は MacintoshOS PhoneTalk のように、ネットワーク接続の一部に使われていたこともありました。

しかし現在ではそういう使われ方は稀で、通常RJ11コネクタは ADSL 接続や ISDN 接続を利用する場合に、電話回線と ADSLモデム TA/DSU などの モデム装置 を接続するのに使われます。

もちろん、RJ-45との互換性はありません。

RJ-45コネクタとRJ-11コネクタの例
RJ-45コネクタとRJ-11コネクタの例

Ethernetで利用されるRJ-45コネクタとUTPケーブルには、通信速度の規格に応じて、いくつかの仕様があります。

現在市販で入手できるのは、 カテゴリ5 エンハンスドカテゴリ5 (普通はカテゴリ5eと略されます)、 カテゴリ6 カテゴリ7 の四種類です。

カテゴリ サポートする通信速度規格
5 10Base-T 100Base-TX
5e 10Base-T〜100Base-TX〜 1000Base-T
6 10Base-T〜100Base-TX〜1000Base-T〜10GBase-T
7 10Base-T〜100Base-TX〜1000Base-T〜10GBase-T

LAN機器及びUTPケーブルの通信速度規格
UTPケーブルのカテゴリの違いは、「実験上そのカテゴリを満たす性能を有しているか」で決定されます。これは例えば自動車の「設計上安全に走れる最高速度」のようなものですから、1000Base-Tが利用できるカテゴリ5eと6の差は、「カテゴリ6のほうが余裕をもって1000 Mbps に対応できる」のように解釈してください。

これらのカテゴリは、対象となる機器やUTPケーブルに表記されていますから容易に確認できます。

また、最近の ルーター ハブ NIC などは標準で オートネゴシエーション ハブのオートネゴシエーションの説明へ 機能を搭載しいていますから、速度の違うカテゴリの機器やUTPケーブルが混在していても特に不都合がないため、互換性や整合性についてもあまり神経質になる必要はありません。

公開サーバー の運用が中心の LAN を構築する場合には、ネットワークの速度は100Mbpsでも充分ですから、安価なカテゴリ5または5eを中心に組んでもいいでしょう。

ただ、カテゴリ6のケーブルは「非常に高い」という訳ではないので、将来1000Base-Tでネットワークを組む可能性を見越して、ケーブルだけでもカテゴリ6で組んでおくと良いでしょう。

カテゴリ7については2008年4月現在では「これから」の規格ですからやや高額ですし、 ルーターやハブ、 NIC の対応が遅れていますから現時点ではその伝送速度を生かしたLANの構築するのは難しいかもしれません。

このページの先頭へ↑

ケーブルは品質の良いものを

一番入手しやすい UTPケーブル は両端に RJ-45 コネクタが最初から取り付けられているタイプで、ケーブルの長さは数十センチメートルから数十メートルくらいまで色々あります。

UTPケーブルとコネクタを別々に購入して、専用の加工用工具で自作すれば自分の好きな長さのものが作れますが、家庭内で使用するのはせいぜい数本ですので、コネクタ付きのものを入手したほうが経済的です。

実際にはパソコンや モデム装置 ルーター などを買うと、数メートルくらいのケーブルが付属していることが多いので、別に購入する本数は意外に少なくて済むものです。

一般的なUTPケーブルは直径5〜6ミリメートルの丸型をしています。

最近はカーペットの下を通すための薄型や、壁や天井に沿って配線しても目立たないような細型なども多く出回っています。こういうタイプは通信性能や耐久性に不安があるかもしれませんが、メーカー名と問い合わせ先がはっきりしていて、きちんとカテゴリが確認できるものであれば心配はいりません。

一方で、ただポリ袋に入っているだけの状態で売られているようなジャンク品は、導線やコネクタが粗悪なことがあり、カテゴリ表記も怪しいものが多いので、安定した通信が要求される サーバー 用途では手を出さないほうがいいでしょう。

UTPケーブルの中身は電線ですので、素材のきちんとしたものを使用する限りでは故障することは稀です。ただし、不注意で引っ張って断線したり、配線作業中にコネクタ部分を踏んで壊したりすることがあります。決して値段が高いものではありませんから不測の事態に備えて最低一本は予備を置いておくことをお勧めします。

このページの先頭へ↑

NICはメーカー品を

NIC (ネットワークインターフェースカード)は LANアダプタ とも呼ばれますが、簡単にいうと ホスト機 の通信データの出入り口です。

ネットワークインターフェースカードの例
ネットワークインターフェースカードの例

まだパソコンの LAN 接続が一般的ではなかった頃は、別に購入してしてホスト機に取り付ける必要がありましたが、ここ数年NICは、 サーバー機 クライアント機 を問わずホスト機の必須の機能となっていますので、最初からほぼ100%標準で搭載されています。

拡張カード マザーボード の拡張スロットと呼ばれる部分に取り付け、パソコンの機能を拡張するパーツをいいます。普通は剥き出しの電子基板で、その形が四角いカード状なのでそう呼ばれています。
最近のマザーボードはオンボードで同じNIC機能が搭載されているのが普通ですが、そういう「カードを使っていない」状態でも「カード」と表現され続けています。変な話ですが。

また、以前は名前のとおり別付けの拡張カードという形で取り付けられるているのが一般的でしたが、今は最初から マザーボード に組み込まれている オンボード タイプがほとんどです。最新のマザーボードの場合は 1000Base-T のNICが組み込まれているものがほとんどですが、型落ち品のマザーボードではまだ 100Base-TX が搭載されているケースが珍しくありません。

ホスト機にオンボードで搭載されているNICの仕様が100Base-TX仕様の場合、そのまま サーバー 用途でも使えますので、別途購入しなければならないケースは稀です。

一方1000Base-Tの場合は、 WBEL CentOS が認識できないケースが多いので、もし認識できない場合にはWBELやCentOSで使用可能なNICを別途入手し、拡張カードとして取り付けなければならなくなります。

現在市販されているNICは、マザーボードの PCIスロット に取り付ける方式が一般的です。高性能なものになると PCI-Expressスロット に取り付けるタイプもあります。

ジャンク品などの中には、PCIスロットやPCI-Expressスロット以外に取り付けるタイプのNICを見かけることがありますが、そういう特殊な仕様はトラブルの元ですので素直にPCIスロット用を選びましょう。

NICはメーカー製の新品でも、100Bese-TX仕様ならば数百円でから入手できます。付加機能のついたものでしたらもう少し高くなりますが、基本的な能力に違いはありませんのであえて高額なものを買う必要はないでしょう。

むしろ、付加機能のある特殊なNICはWBELやCentOSが標準で認識できないケースがあり、導入するために別途 デバイスドライバ が必要になったり、最悪の場合はWBELやCentOSだけでなく LinuxOS での動作が全くサポートされていないこともあります。

そういう点から考えても、NICは「ごく一般的なもの」を選んでおいたほうが得策だと思われます。

ノートパソコンをサーバー機に使う場合でも考え方は同じです。WBELやCentOSで利用できるNICがオンボードで搭載されている機種の場合はそのまま利用し、そうではない場合は別途NICを購入して使用します。

ただし、ノートパソコンにはPCIスロットがありませんから、ノートパソコン用の拡張カード規格である PCMCIA 、通称 「PCカード」 と呼ばれるタイプのNICを使うことになります。

WBELやCentOSは基本的にPCMCIA規格をサポートしていますが、 OS インストール 時にPCカードのNICを自動的に認識し、動作するとは限りません。むしろ手動設定が必要となるケースのほうが多いと考えてください。もちろん、全く使えない場合も有り得ますので、ここは一種の「賭け」になるかもしれません。

無責任な言い方かもしれませんが、内蔵のNICが使用できなかった段階で、そのノートパソコンでのサーバー構築をあきらめるのも、一つの考え方かもしれません。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System