このページではLinuxサーバーで運用するDNSサーバーBIND(9.7.x〜)/namedブートファイルであるnamed.confについて初心者向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
自宅内DNSサーバーの構築

DNSサーバーの構築

hostsファイルの設定

BINDについて(〜9.3.x)

BINDについて(9.7.x〜)

named.confの設定(〜9.3.x)

named.confの設定(9.7.x〜)

ゾーンファイルの書式

ゾーンファイルの省略方法

既存のゾーンファイル(〜9.3.x)

既存のゾーンファイル(9.7.x〜)

正引きゾーンファイルの作成

逆引きゾーンファイルの作成

設定ファイルの書式チェック

namedの起動とコントロール

namedの動作確認

ルーターとホストの設定

DNSSECについて


"/etc/named.conf"BIND(9.7.x〜)の編集

まず、 サブネット 内の適当な クライアント機 から SSHクライアント 構築中のLinuxサーバー ログイン します SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS5) SSHクライアントでサーバーに接続する(CentOS6)

それから su コマンド ユーザーアカウント "root" に変更し、 cp コマンドでバックアップを作成した後、 nano エディタで "/etc/named.conf" を開きます nanoエディタでファイルを開く

[tanaka@web1 ~]$ su -Enter
Password: "root"のパスワードを入力します。 Enter
[root@web1 ~]# cp /etc/named.conf /etc/named.conf.orgEnter
[root@web1 ~]# nano /etc/named.confEnter

※ 以下制作中です。公開まで今しばらくお待ちください。

関連セクションへ 関連セクション・ 固定IPでDNSサーバー構築


このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。