このページではLinuxサーバーで運用するDNSサーバーBIND(9.7.x〜)/named既存のゾーンファイル省略内容についてビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
自宅内DNSサーバーの構築

DNSサーバーの構築

hostsファイルの設定

BINDについて(〜9.3.x)

BINDについて(9.7.x〜)

named.confの設定(〜9.3.x)

named.confの設定(9.7.x〜)

ゾーンファイルの書式

ゾーンファイルの省略方法

既存のゾーンファイル(〜9.3.x)

既存のゾーンファイル(9.7.x〜)

正引きゾーンファイルの作成

逆引きゾーンファイルの作成

設定ファイルの書式チェック

namedの起動とコントロール

namedの動作確認

ルーターとホストの設定

DNSSECについて


既存のゾーンファイルの内容(9.7.x〜)

では、現在構築の サーバー システム用のゾーンファイルの記述の前に、 CentOS5 BIND 9.7.xを利用する場合、あるいはCentOS6標準のBINDを利用する場合で、予め準備されている デフォルト のゾーンファイルの説明をしましょう。

ファイルは、 "/var/named/" 以下にありますが、一般の ユーザーアカウント ではこれらを見ることができません。 root アカウントで ログイン してからご覧ください。

デフォルトのゾーンファイルはほぼ完全に省略された記述ですので、省略形に慣れていないと内容を読み取るのは難しいかもしれません。

もちろん、 ゾーンファイルの省略方法 の説明を参考にすれば大丈夫のはずですが、いちいち別のセクションを参照するのは大変かもしれませんので、説明が必要な部分はこのセクションでも随時挿入していきます。

また、これからご覧頂くデフォルトのゾーンファイルは、基本的に設定内容を変更する必要はありません。

以下のパートのタイトル番号は、ブートファイル "/etc/named.conf" の該当する記述部分と同じにしていますので、照合して参照してください。

※ 以下制作中です。公開まで今しばらくお待ちください。

関連セクションへ 関連セクション・ 固定IPでDNSサーバー構築


このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。