ここはお便利サーバー.com更新履歴や、管理人の私見などを綴るセクションです。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
つれづれなるままに

つれづれなるままに

ハードディスクは消耗品?

メディアレスの世界

Linuxとデフラグ

ネットの悪人ども

フロッピーよ永遠に

アップルはすごいゾ

ノイローゼな人々

すさまじきもの

パソコン購入指南役

西暦2500年ごろの話ですが

オープンソースがわからん

UNIXという考え方

自宅サーバ管理人に100の質問

お便利サーバー.comについて

過去ログ置き場


お便利サーバー.comについて

コンテンツ公開にあたって

お便利サーバー.com は、 UNIX OS の初心者を対象とした、 LinuxOS による自宅 サーバー の構築・運用をサポートする目的で作成している 解説サイト です。

というと聞こえは良いですが。後に書いているとおり、実は結果的にそういうサイトになってしまった、というのが本当のところです。

さて、何事もそうですが、やっぱり物事は 「習うより慣れろ」 です。

ところがLinuxという代物は、その「慣れろ」よりも前の「 インストール 」の段階で躓いてしまうことがありますから、とても厄介です。

本ページでも説明していますが、Linuxはほとんどの IA機 で使用可能なはずですから、もしもインストールがうまくいかなかったとしたら、それは滅多にあり得ない運の悪いケースだと 経験者ならば 思うはずです。

ところが、初めてLinuxにチャレンジした人が、最初のインストールで躓いてしまったとしたら、おそらく

「きちんとLinuxがインストールできる ホスト機 を探すのは難しい。」

というトラウマに近いイメージを持ってしまうに違いありません。

例えは変ですが、それは初めて納豆を食べた人が、たまたま「とてもまずい納豆」を口にしてしまったがために、「納豆はすべてまずいものだ」と決め付けてしまうことと同じかもしれません。

私は、そういった 不運 によってLinuxの世界への道が閉ざされてしまうことを、とても残念なことだと考えます。

そしてこのコンテンツの存在によって、そういった不幸が少しでもなくなればいいと思っています(格好いい?)。


意外かもしれませんが、この お便利サーバー.com は、最初は Wordで書いた備忘録 からスタートしています。

管理人(私)はあまり物覚えが良くないほうなので、

「あれっ、これってどうしてこんな設定にしてしまっていたのだろう?。」

という経験がとてもたくさんあります。

そこで思いつくままに記録をしているうち、レオナルド・ダ・ヴィンチのノートよろしく「ページのあちこちに情報が散乱」という状態に陥り、今度は、

「あれっ、この設定の方法はどこに書いてたっけ?。」

と、今度は備忘録の中の情報探しに苦労する、という笑えない状況に陥ってしまったわけです。

もちろん、天才のダ・ヴィンチにとってはそういうノートでも「全然大丈夫」だったはずですが、私のような凡人はそういう訳にはいきません。

最終的にこのWord文書は 200ページ を超える大作になってました。よくタイプしたもんですね。我ながら。

そこで、Wordに記録しておいた内容を整理して、何処からでも関連情報を引っ張ることができる方法として思いついたのが、 HTML のリンク機能というわけです。

で、どうせHTMLで作るのだったら、いっそのこと公開してしまえ!。ということでできあがったのがこの お便利サーバー.com です。

そういうふうには見えないかもしれませんが、実はこのコンテンツは情報をきちんと整理しただけの 備忘録 だったりします。


使いにくかったWordの備忘録の反省を元に、実は お便利サーバー.com にはいくつか「実用リファレンスサイト」としての隠れた機能を持たせています。

・用語の意味がわからなくなったときに、すばやくその内容を「段階的に」知ることができるようになっている(自身で書いた注釈とGoogle検索の併用)。

・コンテンツを見ながら同じパソコン上でサーバー設定を行えるように、全体の表示幅を狭くしている(A4縦用紙で印刷できる)。

・最近解像度の高い液晶モニタが多いので、読みやすいように文字は大きめにしている(いわゆる視覚障害者対策)。

もちろん基本的には「自分にとって参照しやすいコンテンツ」を目指したわけですが、それがご覧になる方のユーザビリティにつながれば幸いです。


各ページの終わりにも載せているとおり、このコンテンツは リンクフリー です。直接商売に使うのでなければ コピーフリー です。

必要な情報が転がっていたら遠慮はいりません。どんどんパクッてください。著作権は放棄しませんが、ネットワーク図などの画像データも、必要ならコンテンツ作りにつかっていただいて結構です。

アフェリエイトは 「間接商売」 ですから遠慮はいりません。ご覧の通り私もやってますから。

ただ繰り返しますが、 直接商売に使うのではない場合に限って、です。

お金を払って認証をしなければ覗くことができないサイトとか、有料の解説書や雑誌にそのまま転載するとか、そういうのはダメです。

一般論としての記述部分を除けば、基本的にはすべて実際に自分で検証した内容しか掲載していませんが、コンピュータはひとつひとつ稼動環境が違いますから、記述どおりにやっても必ずうまくゆくとは限りませんので過信しないようにしてください。

ではLinuxビギナーの皆さん、楽しいサーバーライフを送ってください。

                     2006年某日 お便利サーバー.com 管理人

コンテンツの更新終了にあたって

2011年春。CentOS6のインストールに関する解説を書きながらふと感じたことがあります。

「...これが初心者向けの解説なんだろうか...。」

2005年に公開を始めた頃、WBEL3もCentOS3もCD3枚組でした。使い古しのパソコンでも快適に動作しましたし、自宅用の「お便利サーバー」として必要にして充分なものでした。

ところが今(2012年9月)、CentOS6はDVD2枚組。大規模サーバー用、仮想プラットフォーム用に強化されたそのLiinuxOSは、もはや最新のハードウェアでなければ充分に機能しなくなり、自宅サーバーとして利用するにはその大部分の機能をそぎ落としてやらなければならなくなっています。

お便利サーバー.comの解説も、以前は「パフォーマンスを引き出すためのコツ」が中心でしたが、最近は「余分な機能を取り除いていかにパフォーマンスの低下を防ぐか」というネガティブな記述に心を砕かざるを得ない、という状況になっています。

それでも何とかCentOS6.2のインストールまではごまかしごまかし書きあげてはみたものの、BINDの解説を書いている途中で、

「...これはもう無理やり「初心者向け」にこじつけた解説だな...。」

という思いが強くなり、筆が進まなくなってしまいました。

初心者向けに易しく書こうと思えば思うほど、だらだらと言い訳じみた解説と引用が連なってしまい、かえって読みにくく、わかりにくく、「もうとても人に見せられたものではない」という内容に愕然としてしまったわけです。

「初心者でもわかるやさしい解説」をポリシーに掲載を続けてきたこの「お便利サーバー.com」ですが、本当の初心者向けの解説が書けなくなった今、継続更新を期待している読者の皆様に過大な期待を持たせたままでは申し訳ないと思い、本日をもってコンテンツの更新終了を正式にアナウンスする次第です。

これまで多くの皆さまにご利用いただき、数々のご質問をいただいたおかげで私自身も随分成長させていただきました。感謝いたします。

もちろん、当サイトは当分の間は閉鎖せず、我が家で自宅サーバーが現役で動く限りは、当サイトが提供する各種サービスとともに、このまま公開は継続いたします。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。