このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを操作するうえでよく使うコマンドについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
抜粋Linuxコマンドリファレンス

ディレクトリとファイルの操作+

ディスクとパーティションの操作+

テキストの操作+

ユーザーとアカウント管理

アカウントの追加と削除
パスワードの設定と変更
ログインアカウントの変更

ネットワークの管理+

システム・プロセス管理+

その他のコマンド+


useradd〜ユーザーアカウントを追加する

WBEL CentOS のシステムに ユーザーアカウント を追加する コマンド です。 "root" アカウント のみが実行できます。

通常は、 useradd に続けてスペースを入れ、追加したいユーザアカウント名をタイプして実行します。

[root@web1 ~]# useradd tanaka Enter
[root@web1 ~]#

オプションスイッチは多数ありますが、余程特殊な使い方をしない限りは覚えておく必要はないでしょう。

useradd が実行されると、 "/etc/default/useradd" の内容に従ってユーザーアカウントが設定されます /etc/default/useraddについて

この useradd によって、WBELやCentOSのシステム上でどのような情報が設定されるかは、 アカウント情報ファイルの操作 を参照してください。

また、 useradd コマンドで追加したばかりのユーザーアカウントは、まだパスワードが設定されていません。

ユーザーアカウントは、利用方法によってはパスワードの設定が必要のないものもありますが、大抵の場合はパスワードを設定する必要があります。

ユーザーアカウントに対してパスワードを設定したり、既に設定されているパスワードを変更するためには、 passwd コマンドを使用します。

userdel〜ユーザーアカウントを削除する

WBEL CentOS のシステムから ユーザーアカウント を削除する コマンド です。 "root" アカウント のみが実行できます。

通常は、 userdel に続けてスペースを入れ、削除したいユーザアカウント名をタイプして実行します。

[root@web1 ~]# userdel tanaka Enter
[root@web1 ~]#

ただし、この方法では、システム上からユーザーアカウントがなくなってしまうだけで、 ホームディレクトリ やメールボックスはそのまま残ってしまいます。

ユーザーアカウント情報が消えてもホームディレクトリやメールボックスが残ったままだと、同じ名前のユーザーアカウントを useradd コマンドで再び作成することはできません。

もちろん userdel コマンドの実行後に rm コマンドでこれらを削除することもできますが、 userdel コマンドを実行するときにオプションスイッチ "-r" 付きで実行すると、ホームディレクトリとメールボックスを同時に削除することができます。

[root@web1 ~]# userdel -r tanaka Enter
[root@web1 ~]#

これでユーザーアカウントtanakaは、完全に消去されます。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System