このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを操作するうえでよく使うコマンドについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
抜粋Linuxコマンドリファレンス

ディレクトリとファイルの操作+

ディスクとパーティションの操作+

テキストの操作

文字や変数を画面に表示する
ファイルの内容を画面に表示する
出力するテキストに処理を行う

ユーザーとアカウント管理+

ネットワークの管理+

システム・プロセス管理+

その他のコマンド+


echo〜文字や変数を画面に表示する

画面に文字や変数の値を 標準出力 する コマンド です。

[tanaka@web1 ~]$ echo Good morningEnter
Good morning  "Good morning"が表示されます。
[tanaka@web1 ~]$

引数の先頭に"$"を付けると、"$"に続く変数名の値を表示します。

[tanaka@web1 ~]$ echo $MAILEnter
/var/spool/mail/root  環境変数"MAIL"の内容が表示されます。
[tanaka@web1 ~]$

echoコマンドは、 シェル スクリプト の記述で重宝するコマンドですが、リダイレクト処理 リダイレクト処理の説明 と組み合わせることでコマンド入力操作でも充分実用になります。

ファイルの新規作成を行う

[ファイル名]のファイルが元々存在しない場合、

echo [任意の文字列] > [ファイル名] Enter

で内容が[任意の文字列]であるテキストファイルを[ファイル名]で作成することができます。もちろん、

echo $[変数] > [ファイル名] Enter

で、変数の値の記述されたテキストファイルを作成することができます。

従って引数である[任意の文字列]や$[変数]を省略し、

echo > [ファイル名] Enter

とすれば、空白のテキストファイルを作成することができます。

新規ファイルの作成は、この他に touch コマンドによる方法もあります touchコマンドによるファイルの新規作成について

ファイルの内容を置き換えたり消去したりする

[ファイル名]のファイルが存在している場合、

echo [任意の文字列] > [ファイル名] Enter

で、[ファイル名]のファイルの内容が[任意の文字列]で置き換わります。もちろん、

echo $[変数] > [ファイル名] Enter

で、ファイルの内容を変数の値に置き換えることができます。従って引数である[任意の文字列]や$[変数]を省略し、

echo > [ファイル名] Enter

とすれば、既存のファイルの内容を消去することができます。

ファイルに内容を追加する

[ファイル名]のファイルが存在している場合、

echo [任意の文字列] >> [ファイル名] Enter

echo $[変数] >> [ファイル名] Enter

で、元のファイルの内容の末尾に、[任意の文字列]や[変数]の値を追加することができます。

オプションはシェルスクリプト用

echo コマンド に用意されているオプションは、改行などの制御文字に関するものです。従ってコマンド入力の場合はあまり使いでがありませんので説明は割愛します。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System