このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを操作するうえでよく使うコマンドについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
抜粋Linuxコマンドリファレンス

ディレクトリとファイルの操作

ディレクトリとファイルの作成
カレントディレクトリの変更
ディレクトリとファイルの表示
ディレクトリとファイルのコピーと移動
ディレクトリとファイルの削除
ディレクトリとファイルの検索
パーミッションの変更
解凍と圧縮

ディスクとパーティションの操作+

テキストの操作+

ユーザーとアカウント管理+

ネットワークの管理+

システム・プロセス管理+

その他のコマンド+


pwd〜カレントディレクトリを表示する

現在作業中のディレクトリ( カレント ディレクトリ)を表示する コマンド です。

[tanaka@web1 ~]$ pwdEnter
/home/tanaka  カレントディレクトリが表示されます。
[tanaka@web1 ~]$

覚えるべきオプションスイッチはありません。

cd〜カレントディレクトリを変更する

直接操作するディレクトリ( カレント ディレクトリ)を変更する コマンド です。

cd コマンドの一般書式は、

cd [パス名] Enter

です。

[パス名]には、 絶対パス 名及び 相対パス 名が使用できます。

[tanaka@web1 ~]$ cd /var/wwwEnter  絶対パス指定での移動
[tanaka@web1 www]$ pwdEnter  パスを表示させてみます
/var/www
[tanaka@web1 www]$ cd html/Enter  相対パス指定での移動
[tanaka@web1 html]$ pwdEnter  パスを表示させてみます
/var/www/html
[tanaka@web1 html]$

オプションは特にありませんが、いくつか特殊な使い方があります。

cd Enter または cd ~ Enter ...... ホームディレクトリ に移動する。

cd - Enter ......cdコマンド実行前のディレクトリに移動する。

[tanaka@web1 www]$ cd html/Enter
[tanaka@web1 html]$ pwdEnter
/var/www/html
[tanaka@web1 html]$ cdEnter
[tanaka@web1 ~]$ cd -Enter  ホームディレクトリに戻りました
[tanaka@web1 html]$    最後のcdコマンドの前に戻りました

"cd -" は、一番最後に実行したcdコマンドに対してだけ有効です。

cdコマンドはコマンド操作で最も多用されるもののひとつですし、難しいオプションもありませんから完璧に使いこなせるようになりましょう。 覚えるべきオプションスイッチはありません。

du〜ディレクトリのディスク上の使用容量を表示する

システム上の任意のディレクトリの使用容量を表示する コマンド です。一般書式は、

du [オプション] [パス名] Enter

です。

[パス名]には、 絶対パス 名及び 相対パス 名が使用できます。省略すると カレント ディレクトリが指定されたものとみなされます。

デフォルト の表示単位は KB です。

[tanaka@web1 ~]$ duEnter  カレントディレクトリを調べます
8    ./.kde/Autostart
12   ./.kde
48   ./config/named
24   ./config/vsftpd
2716  ./config
32   ./namazudata/template/jaorg
104   ./namazudata/template/florg
168   ./namazudata/template
2348  ./namazudata/db
2340  ./namazudata/db_old
4868  ./namazudata
1572  ./prog/namazu
39072  ./prog/mysql421
34908  ./prog/mysql420
3276  ./prog/xoops
84608  ./prog
92240  .
[tanaka@web1 ~]$ du prog/Enter  prog/以下のみ表示させます
1572  prog/namazu
39072  prog/mysql421
34908  prog/mysql420
3276  prog/xoops
84608  prog
[tanaka@web1 ~]$

ディレクトリが複数の階層になっている場合、上位の階層の容量は下位の階層の容量の合算で表示されますので注意してください。

またduコマンドは主にディスク上の空き容量不足のチェックを目的としていますので、表示されるのはファイル容量の実際の合計ではなく、 ディスク上にどれだけの容量を占有しているか で表示します。

従って LinuxOS の一般的なディスクフォーマットの場合、最小管理単位(クラスタ)は通常4KBですから、どんなに小さなファイルでも4KB(正確には4096B)を占有しているものとみなされます。

-m〜メガバイト単位で表示する

表示させたいディレクトリの容量が大きいときに -m を指定すると、 MB 単位での表示になります。MBに満たないディレクトリは切り上げて計算されます。

[tanaka@web1 ~]$ du -m prog/Enter
2    prog/namazu
39   prog/mysql421
35   prog/mysql420
4    prog/xoops
83   prog
[tanaka@web1 ~]$

1MBは1,048,576Bとして計算されますから、オプションなしで実行した結果とはかなり異なる値が表示されることがありますから注意してください。

-s〜指定したディレクトリのみ表示する

下の階層のディレクトリの容量を表示せずに、指定したディレクトリの容量のみを表示するには -s を指定します。

[tanaka@web1 ~]$ du -s prog/Enter
84608  prog
[tanaka@web1 ~]$ du -sm prog/Enter
83   prog
[tanaka@web1 ~]$

その他duコマンドには特定の名前を含むファイル名を除外したり、表示する階層を指定したりするオプションなどがあります。

このサイトは リンクフリー です。趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。今のところ更新予定はありませんのでご了承ください。
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。