このセクションでは自宅サーバーとしてLinuxを操作するうえでよく使うコマンドについて初心者/ビギナー向けに解説します。
お便利サーバー.com+相互リンクサイト内をキーワードで検索
抜粋Linuxコマンドリファレンス

ディレクトリとファイルの操作+

ディスクとパーティションの操作+

テキストの操作

文字や変数を画面に表示する
ファイルの内容を画面に表示する
出力するテキストに処理を行う

ユーザーとアカウント管理+

ネットワークの管理+

システム・プロセス管理+

その他のコマンド+


cat〜ファイルの内容を画面に表示する

テキスト ファイルの内容を 標準出力 する コマンド です。

コマンドの一般書式は、

cat [オプション] [ファイル1] [ファイル2]... Enter

です。

catコマンドは、「テキストファイルの内容を見てみたいけれども、テキストエディタを起動するほどではない。」というようなときに重宝します。

[tanaka@web1 ~]$ cat /etc/sysconfig/networkEnter
NETWORKING=yes
HOSTNAME=web1.obenri.com
DOMAIN=obenri.com
GATEWAY=192.168.100.1
  "/etc/sysconfig/network"の内容が表示されます。
[tanaka@web1 ~]$ cat /etc/sysconfig/network /etc/hostsEnter
NETWORKING=yes
HOSTNAME=web1.obenri.com
DOMAIN=obenri.com
GATEWAY=192.168.100.1
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
192.168.100.11 web1.obenri.com web1
  "/etc/sysconfig/network"と"/etc/hosts"の内容が一続きで表示されます。
[tanaka@web1 ~]$

またcatコマンドは、 テキスト ファイルの内容を見るだけではなく、リダイレクト処理 出力のリダイレクトの説明 やパイプ処理 パイプ処理の説明 と組み合わせることで柔軟な使い方ができるようになります。

[tanaka@web1 ~]$ cat /etc/sysconfig/network /etc/host > testEnter
  二つのファイルを"test"にリダイレクトします。↑
[tanaka@web1 ~]$ cat testEnter
NETWORKING=yes
HOSTNAME=web1.obenri.com
DOMAIN=obenri.com
GATEWAY=192.168.100.1
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
192.168.100.11 web1.obenri.com web1
  ↑二つのファイルが結合されたファイル"test"が作成されました。
[tanaka@web1 ~]$ cat test | grep 192Entergrepコマンドの説明
  パイプ処理とgrepコマンド↑で"192"を含む行だけ表示します。
GATEWAY=192.168.100.1
192.168.100.11 web1.obenri.com web1
[tanaka@web1 ~]$

catコマンドにはいくつかオプションスイッチがあります。

それは例えば行番号を付けて表示したり、空白行を除いて表示したり、という表示処理に関する制御が主で、これらはあまり利用する機会はないと思いますので、説明は割愛します。

また、catコマンドは本来リダイレクトと組み合わせてファイルを結合するためのコマンドとしても重要なもので、シェルスクリプトの作成では非常に重要になることも覚えておきましょう。

head〜ファイルの内容の先頭を画面に表示する

ファイルの内容の先頭部分を 標準出力 する コマンド です。

コマンドの一般書式は、

head [オプション] [ファイル] Enter

です。

[オプション]を省略すると、 デフォルト で10行が表示されます。

表示する行数を指定したい場合は、

head -行数 [ファイル] Enter

と実行します。

[root@web1 ~]# head /etc/named.confEnter
//
// named.conf for Red Hat caching-nameserver
//

options {
    directory "/var/named";
    dump-file "/var/named/data/cache_dump.db";
    statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
    forwarders {
        202.248.37.74;
  "/etc/named.confの先頭の10行が表示されます。
[root@web1 ~]# head -15 /etc/named.confEnter
//
// named.conf for Red Hat caching-nameserver
//

options {
    directory "/var/named";
    dump-file "/var/named/data/cache_dump.db";
    statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
    forwarders {
        202.248.37.74;
        202.248.20.133;
        };

    /*
     * If there is a firewall between you and nameservers you want
  "/etc/named.confの先頭の15行が表示されます。
[root@web1 ~]#

テキスト ファイルの内容を見る方法はいくつもあります。

しかし例えば cat コマンドで表示すると最後の行まで表示が流れてしまいますから、先頭の行を見るには more コマンドと組み合わせるなどの工夫がいりますし、 less コマンドや nano エディタで開いてしまうとコマンド操作を一時的に中断しなければなりませんのでちょっと面倒です。

サーバー アプリケーション の設定ファイルの多くは、先頭部分に重要な設定や注意書きが書かれているのが普通ですので、headコマンドを利用するとこの部分だけを素早く確認することができます。

headコマンドには他にもいくつかオプションスイッチがありますが、あまり利用する機会はないと思いますので、説明は割愛します。

tail〜ファイルの内容の末尾を画面に表示する

ファイルの内容の末尾部分を 標準出力 する コマンド です。

コマンドの一般書式は、

tail [オプション] [ファイル] Enter

です。

[オプション]を省略すると、 デフォルト で10行が表示されます。

表示する行数を指定したい場合は、

tail -行数 [ファイル] Enter

と実行します。

[root@web1 ~]# tail /etc/postfix/main.cfEnter

smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,
 check_client_access btree:/etc/mail/dracd,
 check_relay_domains

smtpd_client_restrictions =
 permit_mynetworks,
 check_client_access btree:/etc/mail/dracd,
 reject_unknown_client,
 permit
  "/etc/postfix/main.cfの末尾の10行が表示されます。
[root@web1 ~]# tail -5 /etc/postfix/main.cfEnter
smtpd_client_restrictions =
 permit_mynetworks,
 check_client_access btree:/etc/mail/dracd,
 reject_unknown_client,
 permit
  "/etc/postfix/main.cfの末尾の5行が表示されます。
[root@web1 ~]#

テキスト ファイルの末尾の内容表示は、 cat コマンドをオプションなしで実行することでも可能です。しかし、catコマンドでは先頭行からすべて読み込んで表示しますので、ファイルの容量が大きい場合には表示に時間がかかってしまいます。

これは less コマンドや nano エディタを利用する場合でも同じです。

tailコマンドはファイルの末尾部分だけを読み込んで表示しますから大きなテキストファイルでも素早く表示することができます。

サーバー アプリケーション の設定ファイルの多くは、末尾部分に追加の設定を記述することが多いので、tailコマンドはこの部分だけを確認したいときに重宝します。

またtailコマンドを使うと、サーバーアプリケーションの ログ ファイルの最新部分(つまり末尾に追記された部分)だけを素早く確認できますから、サーバー設定にはなくてはならないコマンドといえるでしょう。

tailコマンドには他にもいくつかオプションスイッチがありますが、あまり利用する機会はないと思いますので、説明は割愛します。

このサイトは既に更新を終了していますが、今のところ店じまいの予定はありません。 リンクフリー ですので、趣味や勉強のためでしたら、引用、転用、コピー、朗読、その他OKです。このサイトへのリンクについては こちら をご覧ください。
Powered by Apache
”Linux”は、Linus Torvalds 氏の各国における登録商標です。”Red Hat”及びRed Hatのロゴおよび Red Hat をベースとしたすべての商標とロゴは、各国におけるRed Hat, Inc. 社の商標または登録商標です。その他のプログラム名、システム名、製品名などは各メーカー、ベンダの各国における登録商標又は商標です。
www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System